ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東京都、東京五輪延期で宿泊税の課税停止を延長

東京都、東京五輪延期で宿泊税の課税停止を延長

投稿日 : 2020.04.13

東京都

ホテル関連ニュース

東京都は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に伴い、2020年7月1日から同年9月30日まで宿泊税を課税停止としていたが、大会延期を受けて課税停止の期間を延長する。今後、令和2年第二回都議会定例会に東京都宿泊税条例改正案を提案する予定。

期間:

  • (現行)
    2020年7月1日から同年9月30日まで
  • (改正案)
    2020年7月1日から2021年9月30日まで

納税義務者:

都内のホテル又は旅館の宿泊者

課税免除:

宿泊料金1人1泊 1万円未満の宿泊

税率:

宿泊料金1人1泊
1万円以上1万5千円未満の宿泊 100円
1万5千円以上の宿泊 200円

【合わせて読みたい】

東京都が宿泊税を五輪前後の3ヶ月間免除を発表

関連記事