ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 【徳島県】「とくしま応援割」を新制度に改め再開へ

【徳島県】「とくしま応援割」を新制度に改め再開へ

投稿日 : 2021.06.04

徳島県

ホテル関連ニュース

公的機関ニュース

徳島県は県民向けの観光キャンペーン「とくしま応援割」を近く新制度に改め再開することを発表した。

宿泊施設の従業員らに無料PCR検査も

徳島県は2日、新型コロナウイルス感染拡大への警戒を県民に促す県独自の「とくしまアラート」をそれまでの「感染拡大注意急増」から2段階引き下げ、5段階の下から2番目の「感染観察強化」とした。

警戒レベルの変更は4月20日に「感染拡大注意急増」に引き上げて以来43日ぶり。警戒レベル引き下げに伴い、近く県民向けの観光キャンペーン「とくしま応援割」を国事業を活用し、新制度に改め再開する。

新制度では宿泊料金の50%を上限に1泊最大5,000円を助成し、さらに飲食店などで使えるクーポンも最大2,000円分配布する。宿泊旅行だけでなく、日帰り旅行も対象となる見通しだ。さらに宿泊施設の従業員らが無料でPCR検査を受けられる仕組みも導入することのこと。

県庁で開かれた新型コロナ感染症対策本部会議で飯泉嘉門知事は「20日までは集中取組期間として感染拡大をしっかり防止する。県民のみなさんも県座体をまたぐ不要不急の移動を控えるなど、対策をしてほしい」と呼びかけた。

「とくしま応援割」は4月24日の宿泊を最後に一時停止していたが、5月末で事業終了。県内の業界団体が2日、知事に応援割の早期再開を要望していた。

合わせて読みたい
  • 県民向け宿泊割引が次々と停止 感染状況の...

  • 【徳島県民限定】1人1泊最大10,000...

  • 観光支援事業「とくしま応援割」の不正受給...

  • スーパーホテル阿南・市役所前、2020年...

関連記事