ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 徳之島 クラスター発生で警戒レベル5へ 島外への渡航自粛を要請

徳之島 クラスター発生で警戒レベル5へ 島外への渡航自粛を要請

投稿日 : 2020.12.08

鹿児島県

新型コロナウイルス関連

鹿児島県・徳之島では、新型コロナウイルスの感染者の確認が相次いでいることから、島内の3町(徳之島町、伊仙町、天城町)が独自に定めている警戒レベルを最も高い「5」に引き上げた。

徳之島で新たに感染が確認されたのは、いずれも徳之島町の60代の男性4人と女性1人、50代の男性2人、30代の男性1人と女性1人 、それに伊仙町の50代の男性の合わせて10人。これまでに2つの飲食店でクラスター(感染者の集団)の発生が報告されており、会食をした人や店の従業員、その親族の間で19人の感染も確認されている。

徳之島町と伊仙町それに天城町では7日に緊急の会議を開き、新たなクラスターの発生を受けて、独自に定めている警戒レベルを「4」から最も高い「5」に引き上げた。すでに住民に対して不要不急の外出を控えるよう呼びかけていたが、今後しばらくは島外への渡航の自粛を求めることを決めた。

島外から訪れる人については自粛は求めないものの、島内での不要不急の外出は控えるよう呼びかける。また現在までに子どもの感染は確認されていないことから、小中学校は休校にしない。

新型コロナウイルス感染症による経済損失は、観光業界を中心に多くの業種で多大な損失が見込まれている。とはいえ、医療体制が脆弱な離島では、新型コロナ感染防止のための水際対策を強化することも同時に求められている。

徳之島町公式サイト:https://www.tokunoshima-town.org

合わせて読みたい
  • ステージⅢ相当の都道府県 分科会にて「G...

  • 広島県、新型コロナウイルス感染状況 ステ...

  • GoTo事務局、札幌・大阪を目的地とする...

  • 小池都知事 GoTo東京発着 65歳以上...

関連記事