ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > TKP「久山温泉 ホテル夢家」取得、2019年6月運営開始

TKP「久山温泉 ホテル夢家」取得、2019年6月運営開始

投稿日 : 2019.04.04

福岡県

新規ホテル情報

株式会社ティーケーピーは、博多駅から一番近い天然温泉郷で、博多の奥座敷と言われる「久山温泉 ホテル夢家」(福岡県糟屋郡久山町)を取得。TKPの宿泊研修ブランドの「レクトーレ博多 久山温泉」(仮称)と組合せ、ハイブリッドな施設として新規顧客の獲得を狙い、2019年6月から運営を開始。

博多駅から一番近い天然温泉“博多の奥座敷”

出典:TKP

TKPは、博多駅から一番近い天然温泉郷で、“博多の奥座敷”と言われる『久山温泉 ホテル夢家』(福岡県糟屋郡久山町)を取得。TKPの宿泊研修ブランドの「レクトーレ博多 久山温泉」(仮称)と組合せ、ハイブリッドな施設として新規顧客の獲得を狙い、2019年6月から運営を開始する。

『久山温泉 ホテル夢家』は、約5,000坪の敷地に、天然温泉はじめ12種もの温泉とサウナ、和洋客室(44室)を構え、施設には10名~120名収容の宴会場・会議室(11室)、ダイニング、アクティビティホール、売店等を完備している。

”博多の奥座敷”として湖や森に囲まれた景観は、よりくつろぎを深め、コミュニケーションを活性化。アクセスは博多・天神地区から都市高速で約20分、博多駅から車で約25分と交通至便で、手軽に”非日常”を味わうことができる。

出典:TKP

福岡県久山町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、久山町には宿泊施設が3施設展開しているが、43室の同施設以外は小規模な施設となっており、実質的には唯一の宿泊施設となっている。

TKPは「温泉」「旅行」「ミーティング」をキーワードに、熱海、箱根強羅、軽井沢、湯河原、葉山、高松において宿泊研修施設『レクトーレ』シリーズを7拠点展開。今回の博多を加えて、8拠点目の運営となり、九州では初の展開となる。

同施設は初年度売上約7億円、3年後の売上約9億円を見込んでいるという。

【合わせて読みたい】

アパホテル〈TKP仙台駅北〉本日10月12日開業

TKP本社「ファーストキャビンTKP市ヶ谷」11月15日開業

15万室のホテルが密集する東京で流行り始めたホテル開発の新たな形

関連記事