ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」2020年3月22日開業

「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」2020年3月22日開業

投稿日 : 2019.12.23

京都府

新規ホテル情報

NTT都市開発と、その子会社であるUDホスピタリティマネジメント、プリンスホテルは、元京都市立清水小学校跡地を活用したホテル「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」の開業日を2020年3月22日に、宿泊予約開始日を2020年1月22日(水)に決定した。

昭和初期建築の小学校校舎が、上質なヘリテージホテルに

出典:プリンスホテル

同ホテルの建物は昭和初期に建築された元京都市立清水小学校の校舎を保存・活用したもので、上質なヘリテージ(遺産)ホテルとして生まれ変わる。

同ホテルは、これまでのホテルに求められていた機能に加え、小学校や地域が長年築いてきた歴史・文化を継承し、未来へとつないでいくという役割も担っていくという。

館内のいたるところに小学校時代の面影を残し、居ながらにして語り継がれてきた歴史・文化を体験できる、『過ごす』ホテルになっている。

ホテルコンセプトは『記憶を刻み、未来へつなぐ』。長年地域に愛されてきた小学校の歴史・文化を継承し、プリンスホテルが培ってきたおもてなしの心で、国内はもとより、海外からの顧客を迎え、その記憶を未来へ伝えていくという。

同ホテルは世界文化遺産「清水寺」から徒歩8分の京都東山の高台に位置し、ホテル上層階(一部を除く)の客室やルーフトップバーからは、京都の街並みや京都を囲む緑豊かな山並みを一望することができる。また、ホテルエントランス、クラブラウンジ、一部客室からは東山のシンボル法観寺『八坂の塔』を間近に望むことができ、夜になるとライトアップされた五重塔の眺望を楽しむことができる。

客室は、旧教室を改装した部屋の広さが平均50㎡であり、ゆったりとした開放感が特徴。既存校舎の意匠を一部保存活用し、校舎の歴史的価値を継承した設えとなる。当時の意匠を活かしたクラシカルな窓や梁を残した内装は優雅で上質な京の滞在を演出するという。

出典:プリンスホテル

【同ホテル 概要】
名称:The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu(日本語表記:ザ・ホテル青龍 京都清水)
開業:2020年3月22日(日)
所在地:京都府京都市東山区清水二丁目204-2
敷地面積:7,120.67㎡
延床面積:6,823.96㎡
規模:地上4階
客室数:48室(キングルーム30室、ツインルーム18室)
付帯施設:朝食レストラン(屋内44席・屋外テラス22席)、ゲストラウンジ(30席)、プライベートバス、フィットネスジム、バー(BAR K36、ROOF TOP BAR K36)、別棟レストラン(Benoit Kyoto[ブノワ 京都])
※バー、別棟レストランは株式会社スティルフーズにて運営
事業主 :NTT都市開発株式会社
ホテル運営: 株式会社プリンスホテル
基本設計:株式会社東急設計コンサルタント
設計・施工:株式会社大林組
デザイン監修:株式会社乃村工藝社A.N.D. 

アクセス:タクシー 京都駅より、約10分、市営バス 京都駅より、約15分「清水道」バス停下車 徒歩約5分、「五条坂」バス停下車 徒歩約10分

ホテルに駐車場はなし。

出典:プリンスホテル

京都府京都市東山区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、京都市東山区には宿泊施設が607、部屋数にして5,657室が提供されている。

新規開業予定は5施設、部屋数にして510室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

プリンスホテルが京都東山で旧校跡地のホテルを2019年夏に開業ーパークハイアット京都も出店、京都市東山区ホテル出店状況

京都府ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

京都府ホテル展開状況(2019年7月現在)

プリンスのStayWellがベトナム初進出、2ホテル同時開業

関連記事