ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 飲食店の空席がコワーキングスペースに「Telework Space」

飲食店の空席がコワーキングスペースに「Telework Space」

投稿日 : 2020.03.22

指定なし

ホテル内レストラン

テレワーク・テクノロジーズ株式会社は、新型コロナウイルスで集客に困る飲食店の空席に関して、街中の空席などユニークなスポットを集めた多拠点型コワーキングスペース「Telework Space(テレワークスペース)」の施設事前登録を受付開始した。

営業時間中に席を余らせている施設は、空席を瞬時に“コワーキングスペース”として登録することが出来、ユーザー(テレワーク会社員、フリーランスなど)はオフィスでも自宅でもないユニークな多拠点型のスペースを利用することができる。

事前登録に参加できる施設は、週に1回以上、1回に4時間以上、4席以上、空席を登録いただくことが条件になるという。

(例)カフェが月火水の朝9:00から11:30までと、18:00から21:00までを、4席ずつ登録

曜日固定ではなく、空席が出たタイミングで都度アプリをONに稼働させても大丈夫で、あらかじめ提供時間を登録しておくことも可能という。

出典:テレワーク・テクノロジーズ

[想定している施設イメージ]

・1週間に1回以上、1回4時間以上、4席以上を提供できる
・カフェ、レストランなどのアイドル時間
・大きめに借りてしまったIT企業のオフィス
・集客コストを下げたいコワーキングスペース
・空席時間帯の長いホテルラウンジ
・日中稼働率3割のカラオケ店
・その他、営業中の空席全般

【合わせて読みたい】

新宿・東京ベイ有明ワシントンホテル内にワークスペース

テレワーク応援「the b マンスリーパスプログラム」

磐梯山温泉ホテル「ワーケーションに最適な長期連泊優待プラン」

ホテルニューオータニ(東京)「デイユーステレワークプラン」

感染症対策でも注目!ハワイでワーケーション実証実験

関連記事