ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 宝塚ホテル支配人に元・宝塚歌劇団 憧花 ゆりの氏が就任

宝塚ホテル支配人に元・宝塚歌劇団 憧花 ゆりの氏が就任

投稿日 : 2020.06.11

兵庫県

ホテル関連ニュース

株式会社阪急阪神ホテルズは、2020年6月21日(日)に移転開業する新しい宝塚ホテルの支配人に、元・宝塚歌劇団 憧花 ゆりの(とうか ゆりの)さんを迎えた。

憧花さんは2000年に宝塚歌劇団に入団、花組公演『源氏物語 あさきゆめみし』『ザ・ビューティーズ!』で初舞台を踏み、月組に配属。実力派娘役として活躍し、2016年からは月組組長を務めた。
数々の舞台でファンを魅了した華やかな経験を持つ憧花さんが加わることで、これまで以上に顧客に華やかで特別な時間を過ごせるホテルとなるよう目指していくという。

【憧花 ゆりの(とうか ゆりの) 氏プロフィール】
宝塚歌劇団第86期生(2000年宝塚歌劇団入団)
月組の実力派娘役として活躍、2016年より月組組長を務める。
2018年『エリザベート -愛と死の輪舞-』(皇太后ゾフィー役)東京公演千秋楽をもって退団。

*主な出演作品
2000年 花組公演『源氏物語 あさきゆめみし』
『ザ・ビューティーズ!』で初舞台
2012年 『ロミオ&ジュリエット』キャピュレット夫人役
2013年 『ME AND MY GIRL』ディーン・マリア公爵夫人役
2015年 『1789-バスティーユの恋人たち-』エトワール役

憧花 ゆりのさんのコメントは以下の通り。

「この度、新しく生まれ変わる宝塚ホテルの支配人に就任させていただく事となりました。生まれ変わる宝塚ホテルのコンセプトは「夢のつづき」でございます。宝塚歌劇の舞台に立ち続けるにあたって大切にしました事は、『夢の世界をお客様にお届けする事』でございました。これからは、夢の世界をご覧になったお客様が、劇場を出た後も、その世界観を失う事無く過ごしていただける空間をお届けする事が、私の役目であると思っております。
宝塚ホテルは、宝塚大劇場のオフィシャルホテルでございます。総支配人とともに宝塚ホテルと宝塚大劇場を繋ぎ、皆様に、さらに夢と感動をお届け出来ますように努めてまいります。どうぞこれからも宜しくお願い申しあげます。」

<宝塚ホテルについて>
・開業日 2020年6月21日(日)
・住所 兵庫県宝塚市栄町1丁目1番33号

・フロア構成
3~5階 客室(200室)
2階 ビュッフェ&カフェレストラン、日本料理、鉄板焼、中宴会場
1階 メインロビー、フロント、大宴会場、小宴会場(2室)、ラウンジ、ホテルショップ
地下1階 駐車場(収容104台)

出典:阪急阪神ホテルズ

メトロエンジンリサーチによると、兵庫県宝塚市には宿泊施設が10、部屋数にして563室が提供されている。同ホテルは開業すると200室で同市内最大規模の宿泊施設となる。

【合わせて読みたい】

宝塚ホテル、劇場の西隣りへ移転新築、2020年5月14日開業

ホテルニューオータニ大阪、元宝塚・星組「紅ゆずる」退団後初ディナーショー

ホテル阪神大阪、元宝塚歌劇団花組 天真みちる ディナーショー開催

元宝塚歌劇団花組 芽吹幸奈 退団後初ランチ&ディナーショー

関連記事