ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新駅「高輪ゲートウェイ」周辺のホテル展開状況

新駅「高輪ゲートウェイ」周辺のホテル展開状況

投稿日 : 2018.12.06

東京都

新規ホテル情報

JR東日本が2020年春の暫定開業を目指して山手線田町~品川間に建設中の新駅について、駅名を「高輪ゲートウェイ」に決定。新駅開発に際し、国際会議や展示会、イベントなどの開催需要を喚起、国際ビジネス交流拠点として、新規の宿泊需要も見込まれる、同地周辺のホテル展開状況に迫った。

駅前には、都シティ 東京高輪が新設開業を予定

同駅が所在する東京都港区には宿泊施設が156、部屋数にして28,329が提供されている。新規開業予定は32施設、部屋数にして4,623となっている。

同駅周辺の主なホテルとしては以下の通り。

同駅の周辺1キロ圏内には、宿泊施設が14、部屋数にして3,124が提供されている。また、民泊物件も53室確認された。

同圏内の新規開業予定は2施設あり、「都シティ東京高輪」が199室で2019年2月11日に同駅前となる地に開業を予定している。また、「(仮称)芝浦3丁目計画」が2020年2月にオフィス兼ホテルの開業を予定している。

【合わせて読みたい】

JR東日本、田町~品川駅間の新駅の駅名決定

日比谷線新駅の名称を「虎ノ門ヒルズ駅」に決定

関連記事