ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 【神奈川県】相模原市が「ホテルでテレワーク」促進事業を実施 1日500円から

【神奈川県】相模原市が「ホテルでテレワーク」促進事業を実施 1日500円から

投稿日 : 2021.11.10

神奈川県

ホテル関連ニュース

神奈川県相模原市では、アフターコロナの新しい生活様式であるテレワークの促進と、新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた市内宿泊施設への支援を狙いとして、市内宿泊施設でのテレワーク促進事業「リモ~っと お得!テレワーク相模原」を11月15日より実施すると発表した。

利用対象者は相模原市内の在住者、もしくは在勤者で、キャンペーン期間中は対象ホテルのデイユースプランが格安で利用可能だ。利用希望者は、各宿泊施設の予約サイトやOTAから対象プランを予約し、チェックイン時に身元を証明できる書類を提出する。

現在、対象施設になっているのは、アイホテル橋本、アパホテル相模原〈古淵駅前〉、アパホテル相模原〈橋本駅前〉、東横INN 京王線橋本北口、東横INN 横浜線淵野辺駅南口、橋本パークホテル、ホテルウィングインターナショナル相模原、ルートイン相模原 国道129号の9施設。準備が整った宿泊施設から利用が可能となる。

利用期間は2021年11月15日から2022年2月28日まで。予算が上限に達し次第、キャンペーンは終了となる。

合わせて読みたい
  • JTB、海外でのテレワーク制度「ワーケー...

  • JR東日本がリッチモンドホテルと提携 テ...

  • 「パセラのコワーク」新宿のカプセルホテル...

  • 1日500円で利用可能 多摩地域のサテラ...

関連記事