ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ザ ロイヤルパーク キャンバス 神戸三宮」2021年開業予定

「ザ ロイヤルパーク キャンバス 神戸三宮」2021年開業予定

投稿日 : 2019.09.12

兵庫県

新規ホテル情報

三菱地所株式会社はこのほど、兵庫県神戸市中央区下山手通二丁目において、「(仮称)神戸三宮ホテル計画」の新築工事に着手。ミレニアル世代をターゲットにしたライフスタイル型ホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 神戸三宮」を2021年開業予定。

ミレニアル世代向けライフスタイル型ホテル、170室

出典:三菱地所

同計画は三菱地所がホテルを開発、竣工後は株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツが賃借のうえホテル運営を行う。

開業は2021年初め頃を予定しており、ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツが初めて兵庫県に出店するホテルとなる。

同計画地は、神戸市営地下鉄「三宮」駅徒歩約2分、阪急神戸線「神戸三宮」駅徒歩約5分、JR神戸線「三ノ宮」駅および阪神本線「神戸三宮」駅から徒歩約7分と、交通利便性に優れている。

駅周辺は飲食店や大型商業施設が軒を連ねる一方、住宅街も近く、賑やかさと閑静な雰囲気の双方を享受できる立地。

ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは、多様化するミレニアル世代の宿泊ニーズに応えるライフスタイル型ホテルブランドとして「ザ ロイヤルパーク キャンバス」を2018年4月より展開、すでに「銀座」「名古屋」「大阪北浜」で開業・運営しているが、今回出店する「神戸三宮」は、歴史的にも多様な文化が融合する国際色豊かなエリアで、国内外から感度の高い人々が集まる立地であることから、同計画においても同ブランドラインを投入する。

ライフスタイル型ホテルは、豪華な施設と充実したサービスで非日常を提供するのではなく、生活の延長にあるようなホテルを好むミレニアル世代に向け、デザインと機能性を両立した客室と、人とのコミュニケーションの場である共用スペースに重きをおいていることが特徴。

【同計画 概要】

所在地:神戸市中央区下山手通二丁目3番1~8(地番)
敷地面積:1,023.98㎡(309.75坪)
延床面積:約6,400㎡(約1,936坪)
規模:鉄骨造、地上12階
客室数:170室
開業時期:2021年初め開業(予定)
設計・施工:株式会社大林組
コンストラクションマネジメント:株式会社三菱地所設計
運営会社:株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ

出典:三菱地所

兵庫県神戸市中央区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、神戸市中央区には宿泊施設が101、部屋数にして11,041室が提供されている。

新規開業予定は11施設、部屋数にして1,793室が新たに供給される見込み。

新規開業予定マップは以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

兵庫県ホテル開発ランキング(2019年9月現在)

兵庫県ホテル展開状況(2019年7月現在)

東横INN神戸三ノ宮駅市役所前、2020年1月18日開業

「コンフォートホテル神戸三宮」 9月28日(金)開業

アパホテル〈神戸三宮駅前〉2020年1月開業

関連記事