ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 商用目的の入国後の待機期間短縮 原則3日へ

商用目的の入国後の待機期間短縮 原則3日へ

投稿日 : 2021.11.09

新型コロナウイルス関連

宿泊プラン

11 月 8 日から商用・就労目的の入国者を対象に、自宅などでの待機期間が原則、3 日間に短縮された。

入国後 3 日目以降に改めて自主的に受けた検査(PCR検査または抗原定量検査)の陰性結果を厚生労働省に届け出ることで、入国後 4 日目以降の残りの待機施設などでの待機期間中、受入責任者の管理の下に活動計画書の記載に沿った活動が認められる。

新宿プリンスホテルでは、上記の短期滞在ビジネス関係者の入国後待機措置期間緩和に合わせ、待機者向けに PCR 検査付き 4 連泊プランを販売開始した。

8 日より 3 日間となった待機期間を勘案し、4 泊分の宿泊と滞在中の客室での食事、および待機措置期間解除前に求められる PCR 検査をセットにした連泊プランだ。チェックイン時間より早めにホテルに到着した場合でもスムーズにチェックインできるよう、アーリーチェックインの特典も用意されている。

プリンスホテルは ICT に特化したスタートアップ企業である株式会社アルムと連携し、PCR 検査とアルムが提供する救命・健康サポートアプリ「MySOS」での健康管理を組み合わせたサービスを提供してきた。なお、PCR検査は、アルムが提携する「医療法人社団 天太会 チーム メディカル クリニック」が行っている。

合わせて読みたい
  • 株式会社FJトラスト フィールジャパン、...

  • 「一時帰国.com」、シドニーから羽田空...

  • 韓国 ビジネス目的での往来が再開 14日...

  • ANA/JAL、国際線運航便一時運休・減...

関連記事