ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > プリンスホテル 全国12施設で臨時休業

プリンスホテル 全国12施設で臨時休業

投稿日 : 2021.01.18

ホテル関連ニュース

1月15日。プリンスホテルでは、新型コロナウイルスの感染拡大している現状や緊急事態宣言が再発令された事態を鑑み、全国のホテルとスキー場、計12施設を臨時休業すると発表した。

休業するホテルは、万座高原ホテル、富良野プリンスホテル、函館大沼プリンスホテル、大磯プリンスホテル、下田プリンスホテル、苗場プリンスホテルの6ヶ所。スキー場は六日町八海山スキー場、苗場スキー場、かぐらスキー場の3ヶ所である。

このうち、新潟県の苗場プリンスホテルでは昨年12月30日、従業員に新型コロナウイルスの感染者が発生した。その後、同ホテルと苗場、かぐらの2つのスキー場の従業員800名のPCR検査を行い、1月14日時点で31人の感染を確認しているという。

この事実を受け止め、同ホテルでは1月18日から2月上旬までホテルならびに2つのスキー場の営業を休止することを決定した。休業中は業務を委託している関連会社や県外から出張してきている社員のPCR検査も行う。宿泊予約をしていた人に対してはホテルから連絡をとり、事情を説明した上でキャンセル料はとらない方針だという。

また、1月18日に静岡県で開業を予定していた「プリンススマートイン熱海」について、宿泊客および従業員の安全を考慮し、開業を見送ることが決定されている。新たなオープン時期については決定次第、告知されるとのこと。

合わせて読みたい
  • 「東京ベイ潮見プリンスホテル」2020年...

  • 「苗場プリンスホテル」大型イベント等の中...

  • 品川プリンス・イーストタワーが新型コロナ...

  • 阪急阪神ホテルズ、1月20日から7施設を...

関連記事