ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル関連ニュース

  • 東京~名古屋間40分で結ぶリニア開業を前に、名古屋ではビジネスホテルが活況

    ひつまぶし、手羽先、味噌カツ、味噌煮込みうどんなど様々な名物で知られる愛知。最近では、名古屋市港区にテーマパーク「レゴランド・ジャパン」がオープンするなど注目度が高まっている。

  • 訪日外国人20%増の北海道で、立ち上がる日本初のパークハイアットレジデンス

    雄大な自然と広大な土地を持ち、四季を問わず観光資源が豊富な北海道。

  • 外国人観光客が4年で3倍に急成長した京都市で加速するホテル開発計画とは

    日本屈指の観光エリアで約2,000施設のホテルを抱える京都市。外国人観光客が4年で3倍に急成長するなどインバウンド客の宿泊ニーズが絶えない京都の宿泊施設事情に迫った。

  • 東京ドーム5個分の開発計画も、沖縄の魅力が活きる沖縄のリゾートホテル計画

    沖縄県では現在、大規模リゾートホテルを含むホテル建設が相次いでいる。延床面積にすると実に東京ドーム5個分にも相当する沖縄県の新規ホテル開発事情に迫った。  

  • 東京ドーム20個分がホテルに変貌―大阪市内のホテル建設ラッシュを追う

    東京に続き、大阪でも近年大規模な建築ラッシュが沸き起こっている。現在建設が発表されているホテルの延床面積は東京ドーム約20個分(甲子園球場約24個分)。関西最大を誇る大阪市のホテル事情を追いかけた。

  • 東京都で進むホテル計画プロジェクト、延床面積は東京ドーム61個分も

    2020年の東京オリンピックに合わせて、現在東京では大規模なホテル建設ラッシュが繰り広げられている。新規ホテル計画の延床面積は280万m²を超え、実に東京ドーム61個分の面積がホテルに生まれ変わる計算だ。

  • 客室数1,000を超えるメガホテルが続々東京に開業へ 供給過剰懸念も

    2020 年東京五輪(オリンピック)に向けて、東京都内では競技施設の新設や改修工事が相次いで進められている。

  • 15万室のホテルが密集する東京で流行り始めたホテル開発の新たな形

    世界でも屈指のビジネス街であり、なおかつ近年では外国人観光客が集まる街としても知られる東京。

  • ホテル稼働率97%も記録する大阪で誕生している新たなタイプの宿泊施設とは

    日本屈指の人口規模を誇る大阪市は、同時に観光都市としての側面を持つ。外国人観光客にも人気で、宿泊旅行統計調査によるとこのところの大阪の客室稼働率は90%を超えるケースも目立つ。

  • 日本を代表するPMSベンダーTAP、林悦男会長『30年の歴史と未来』を語る

    ホテル関連ニュース

    投稿 : 2017.11.22

    日本のホテル・リゾートホテル・旅館等のホテル分野を代表するPMSベンダーである株式会社タップは今年、30周年を迎え、各関係者を招いたTAP 30th thanks giving dayを行った。