ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

インバウンド

  • JNTO、地域のお薦め観光コンテンツを募集

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2018.10.04

    JNTO(日本政府観光局)は、外国人旅行者が参加可能なアクティビティや、受入体制が整った特徴ある観光施設などの観光コンテンツを収集。 これらの観光コンテンツをウェブサイトやパンフレットに掲載するなど、訪日プロモーション事業に広く活用し、地域ならではの観光魅力の発信を強化する。

  • 観光庁、スノーリゾート地域活性化のモデル事業者募集

    観光庁は、「スノーリゾート地域の活性化推進会議」で策定したアクションプログラムへの取組として、国内外からの誘客に向けモデル事業者を本日10月3日(水)から募集。廃業や休業が相次ぐスキー場で、周辺ホテルの破産も相次ぐなか、地域経済の活性化策を模索する。

  • 多言語AIチャットボット「talkappi」災害情報提供機能

    多言語コミュニケーションツールを開発する株式会社アクティバリューズは、同社が展開する多言語AIチャットボット「talkappi」において、多言語での災害情報の提供機能を拡充の上、開始した。多発する災害を前に、チャットボット各社が開発を急ぐ。

  • シダックス運営ホテル、チャットボット連携AIスピーカー導入

    シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社、株式会社ボルテックス、TradFit株式会社は、「ホテルエミット渋谷」にて、チャットボット連携のAIスピーカーを全客室とフロントに導入。シダックスグループはカラオケからホテルに事業シフト、既存事業のノウハウを生かし競合との差別化を狙う。

  • 「リトル台湾in仙台2018」仙台市、9月29日・30日開催

    宮城県

    インバウンド

    投稿 : 2018.09.25

    台湾名所のひとつ九份(きゅうふん)をモチーフにした赤い提灯が、仙台市役所前広場(市民公園)を華やかに彩る、仙台で台湾を食べる・観る・知るイベント「リトル台湾in仙台2018」が9月29日(土)30日(日)に開催される。宮城県・仙台市にとって台湾はインバウンド重点市場となっている。

  • チョイスホテルズ「コンフォートホテル宮崎」9月25日開業

    宮崎県

    インバウンド

    投稿 : 2018.09.25

    株式会社チョイスホテルズジャパンは、本日、9月25日(火)、宮崎県宮崎市に「コンフォートホテル宮崎」を開業。宮崎市と周辺ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 観光庁「ウェルカム・関西・ジャパンキャンペーン」開始

    観光庁は、本日9月21日の関西国際空港の旅客ターミナル全体の再開を機に、宿泊施設を含む多くの団体や事業者の協力を得て、合計133件の個々の取組を盛り込んだ「関西インバウンド観光リバイバルプラン」をとりまとめ、同プランに基づき「ウェルカム・関西・ジャパンキャンペーン」を開始した。

  • キャンピングカー向け車中泊用駐車場が東大阪市内にオープン

    大阪府

    インバウンド

    投稿 : 2018.09.21

    RV-ヴィレッジは、車中泊する時の場所に困っていたキャンピングカー利用者の声を反映して、大阪の街中に安心快適に駐車することが出来る車中泊用駐車場を入浴施設駐車場にオープンした。

  • 京都「ムスリムおもてなしセミナー」9月26日開催

    京都府

    インバウンド

    投稿 : 2018.09.21

    京都市/京都府主催「ムスリムおもてなしセミナー」が京都市内の京都平安ホテルにて9月26日(水)開催される。ムスリムの旅行者が京都でも増加する中で、観光関連事業者向けにムスリム観光客の受入機運をさらに高める。

  • 2018年8月訪日客数前年同月比4.1%増、最速で2,000万人突破

    インバウンド

    投稿 : 2018.09.21

    JNTOの発表によると、2018年8月の訪日客数は、前年同月比4.1%増の257万8千人。2017年8月の247万7千人を上回り、8月として過去最高を記録。8月までの累計は2,130万9千人となり、過去最速で2,000万人を超えた。他方で、西日本で相次いだ災害により東アジア市場の一部で成長鈍化も見られた。