ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル関連ニュース

  • ANA、ユニバーサルサービスへソーシャルボンドを発行

    ANAホールディングス株式会社は、公募形式のソーシャルボンド(ANAホールディングス ソーシャルボンド:発行年限7年、発行額50億円)を本年5月頃に発行する予定。ソーシャルボンドとは、社会課題の解決に資する事業の資金を調達するために発行される債券。

  • ホテルニューオータニ、GW宿泊者限定「新緑人力車」プラン

    ホテルニューオータニでは、4月27日(土)~5月6日(月・休)までの期間、「えびす屋」の人力車でホテル周辺の歴史をめぐる、宿泊客限定のオプショナルプラン「新緑人力車」を提供する。

  • 星野リゾートがトマムに「ファーム星野」を開設

    星野リゾートは、本日4月17日「ファーム星野」開設を発表。ファーム星野は農産物の生産活動に取り組み、そこから生まれる美しい景観やおいしい食への追及を目指す。将来は全国各地へ展開する予定で、その第一弾を星野リゾート トマム(北海道勇払郡占冠村中トマム)にて実施する。

  • 日本初!佐川急便とJR北海道が貨客混載事業を本格稼働

    佐川急便株式会社と北海道旅客鉄道株式会社は、宗谷線 稚内駅~幌延駅間(片道60.0km)において荷物を旅客列車で輸送する貨客混載事業を4月18日から開始する。

  • 横浜観光情報、視覚障害等対応システムを日英で導入

    「横浜市観光情報公式サイト」を運営する、横浜観光コンベンション・ビューローは、年齢や障害の有無にかかわらず、誰でも使いやすいウェブサイトを目指して、フランス企業が開発した視覚障害等対応システム「FACILʼiti(ファシリティ)」を、日本語と英語で導入する。

  • 東京都、宿泊施設バリアフリー化支援内容を拡充

    東京都及び(公財)東京観光財団では、東京を訪れる高齢者や障害のある人などに、安全かつ快適に過ごしてもらえるよう、バリアフリー化に取り組む宿泊事業者に対し、施設整備等に要する経費の一部を補助。このたび、建築物バリアフリー条例が定める整備基準を満たす一般客室への改修等についても補助対象とするなど、支援内容を拡充した。

  • 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル「虫との和解ツアー」

    「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2019年6月1日から7月31日の期間限定で、自然は好きでも虫は苦手という人に向け、虫と歩み寄るためのアクティビティ「虫との和解ツアー」を実施する。

  • 観光庁「地域における観光産業の実務人材確保・育成事業」採択地域決定

    観光庁は2019年2月22日付で公募していた2019年度「地域における観光産業の実務人材確保・育成事業」を企画、実施する地域(協議会)を決定し公表した。

  • 「庭のホテル 東京」野村不動産傘下で、新体制発足

    「庭のホテル 東京」を運営する株式会社UHMは、2019年3月1日付で野村不動産ホールディングス株式会社の傘下に入り、同社のグループ企業の1つとなった。それに伴い、2019年4月1日より、株式会社UHMの代表取締役、および役員、ならびに「庭のホテル 東京」の総支配人が交代となった。

  • 観光庁、新宿御苑「八重桜ライトアップ」イベント開催

    観光庁では、4月14日(日)~18日(木)の5日間、ナイトタイムエコノミーの推進に向けて、八重桜ライトアップの機会を捉え、桜、食、伝統芸能等をはじめとするエンターテインメントを活用したコンテンツを実施する。