ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

指定なし 

  • 観光庁、第3回グローバルMICE都市・都市力強化対策本部

    観光庁では、本年7月に策定した「MICE国際競争力強化委員会 提言」に基づき、官民挙げてMICE全体目標の達成を目指し、各都市の連携強化・MICE誘致競争力強化を図るために、今般、第3回「グローバルMICE都市・都市力強化対策本部」を開催する。

  • 観光庁、第2回違法民泊対策関係省庁連絡会議を開催

    観光庁では、民泊について、旅館業法の許可を得ずに実施される、違法民泊への対策が重要であるとし、関係省庁の連携の下に違法民泊の取締り等を徹底することを目指し、違法民泊対策関係省庁連絡会議を本年5月21日に設置。このたび、第2回違法民泊対策関係省庁連絡会議を11月12日に開催する。

  • インフルエンサーを活用した宿泊施設向け広告プラン

    ハッシャダイファクトリーは、インフルエンサーマーケティング事業を行うコラボテクノロジーと提携し、旅館・ホテル・リゾート施設に特化した、若年層の利用者・就業者集客を同時に叶える広告プランの実施に向け連携を開始した。

  • JNTO公式Twitterアカウント「Japan Safe Travel」開設

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2018.11.06

    日本政府観光局(JNTO)は、このほど、災害等非常時の外国人旅行者に安全情報を提供する公式Twitterアカウント「Japan Safe Travel」(@JapanSafeTravel、対応言語:英語)を開設した。

  • ベルシステム24、外国語の電話対応コールセンター

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2018.11.05

    株式会社ベルシステム24は、宿泊業、小売販売業、飲食サービス業向けに、月額20,000円(基本使用料+外国語対応オプション)からと安価に設置できる外国語対応電話代行サービス「e秘書(R) 多言語サービス」を、新たに開始した。

  • 観光庁、世界水準のDMOのあり方に関する検討会開催

    観光庁は、11月7日(水)、全国各地のDMO及びDMO候補法人の取組の実態を踏まえ、今後、持続可能な観光立国の実現という観点から求められる「世界水準のDMO」のあり方について、観光庁内に有識者から成る「世界水準のDMOのあり方に関する検討会」を設置し、議論を行う。

  • AI観光SNSアプリ「Deaps」がスマホ写真から旅行先を推薦

    Deaps Technologies株式会社はエッジAI技術を活用し、ユーザーのスマートフォンに保存された写真をデバイス上で分析する世界初のシステム開発に成功し、2018年11月2日(金)より観光SNSアプリ「Deaps(ディープス)」で提供を開始した。

  • MATCHA多言語対応災害情報ページ「Stay Safe in Japan」

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2018.11.04

    株式会社MATCHAが運営する訪日外国人観光客向けWebマガジン「MATCHA」では、日本の災害情報を発信する多言語対応ページ「Stay Safe in Japan」をこのほど正式リリースした。

  • マイステイズ、スマホ決済サービス「PayPay」導入

    株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントは、導入済みの「Alipay」(2017年11月~)および「WeChat Pay」(2018年7月~)に加えソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社が提供するスマホ決済サービス「PayPay」の導入を開始した。

  • 高級スパ予約サイト「一休.com スパ」が 大幅リニューアル

    国内最大級のスパ情報サイト「一休.comスパ」を運営する株式会社一休は、「一休.comスパ」を大幅リニューアルし、web上で24時間いつでも予約が可能な「web即時予約」機能を導入する。