ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

大阪府 

  • 大阪府、新型コロナで医療従事者向け宿泊施設の募集

    大阪府では、新型コロナで医療の最前線で感染者の治療に当たっている医療従事者の中には、自宅に帰ることをためらい、やむを得ず自費でホテル等に宿泊している人がいるとして、医療従事者に対して宿泊施設を無償または割引料金で提供する事業者を募集する。

  • WBFホテル&リゾーツが倒産、負債総額160億円、新型コロナ関連最大規模

    WBFホテル&リゾーツ(株)(大阪市北区豊崎3-14-9、設立2009年12月1日、資本金600万円、従業員1,04名)は本日4月27日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。負債総額は債権者575名に対して約160億円。

  • JR西日本ファーストキャビンが店舗を閉鎖し解散

    JR西日本とファーストキャビンは、キャビンスタイルの簡易宿所を展開する合弁会社である株式会社JR西日本ファーストキャビンの店舗閉鎖及び解散をすることを発表した。

  • スーパーホテル大阪天然温泉、新型コロナ軽症患者受け入れ

    スーパーホテルは、医療崩壊を避けるためにホテル業界から支援するため、大阪府による新型コロナウイルス無症状者及び軽症者の受け入れ公募に祭して、スーパーホテル大阪天然温泉(大阪市西区江戸堀3-6-35、440室)で本日4月14日より受け入れを実施する。

  • 大阪府、ネットカフェ利用者への宿泊施設の提供事業者募集

    大阪府は、新型コロナウイルス感染症のまん延防止に向けた緊急事態措置に基づく施設の使用制限を要請。この使用制限の対象となっているインターネットカフェや漫画喫茶の利用者のための宿泊施設を提供する事業者を本日4月13日より募集し、宿泊施設を確保し、利用者にその宿泊施設を紹介する。

  • DVが影のパンデミックに、「コロナ離婚」防止と一時避難所

    カソク株式会社と、宿泊事業の許認可クラウドサービスを手掛ける株式会社ジーテックはこのたび外出自粛をしている世帯向けに、一時避難所を含むコロナ離婚防止の窓口サービスを開始する。各国で外出制限がかかるなかで、女性や子供への家庭内暴力の懸念が高まっており、国連も各国に警戒を促す。

  • 東横インが6月末まで首都圏と大阪、愛知の一部ホテル休館

    東横インは新型コロナウイルスの影響による、昨今の情勢を鑑み、隣接する店舗においては営業を集約し、一部のホテルを休館とすることを発表した。対象期間については、6月末迄を予定。

  • 大阪弁護士会、新型コロナ事業者・労働者向け無料電話相談

    大阪弁護士会は、3月31日(火)まで(延長の可能性あり、土日祝日を除く)、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う事業者、労働者等が抱える法律問題に対応するため、「新型コロナウイルスに関する事業者・労働者等向け無料電話相談」を実施している。

  • リアテク、急遽帰国の駐在員・家族向けの長期滞在プラン

    レジデンシャルホテルなどの運営事業を展開する株式会社REAH Technologies(リアテク)は、日本への急な帰国に伴い、一時的に滞在先が必要となった人を対象に、同社が大阪市北区で運営するレジデンシャルホテル"BON"で長期滞在プランを提供開始する。

  • 大阪国際交流センターホテルを再委託で運営の関西スターリゾートが破産

    大阪国際交流センターホテルの運営を再委託にて行う関西スターリゾート(株)(資本金100万円、大阪府大阪市天王寺区上本町8-2-6)は、3月23日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。大阪国際交流センターホテルは直接的なホテル運営受託会社のもと現在も営業。