ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 能登輪島、小宿「お宿たなか」新装オープン

能登輪島、小宿「お宿たなか」新装オープン

投稿日 : 2018.10.10

石川県

新規ホテル情報

石川県輪島市に展開する「輪の風ただよう漆の宿・お宿たなか」は、さらに能登輪島らしい快適な空間づくりのために一年をかけて改装し、新装オープン。輪島市ホテル展開状況と合わせてお送りする。

出典:お宿たなか

輪の風ただよう漆の宿・お宿たなか

同施設は2016年に、プロが選んだ日本の小宿10選(旅行新聞新社主催)に択ばれ、また、ミシュランガイド富山・石川(金沢)特別版に「快適な宿」として(日本ミシュランタイヤ出版)に掲載されたことを機に、さらに能登の暮らしのなかで育まれてきた文化と素材に親しんでいただける空間づくりを目指してきた。

この度、館内を改装してサービスの質を高めて行くこととし、2017年6月より全面改装工事にかかり約1年後の今夏に新装オープン、今月にはウェブサイトのリニューアルを合わせて予定する。

能登ヒバと漆をふんだんに使っている館内に入ると、自然に溶け込むような空気感がただよい、五感で能登を感じながら泊まることができる。能登の自然素材で健康に快適に過ごせる宿をコンセプトに、部屋の壁は能登の珪藻土や、能登の農村部の赤土などを使用し、能登ヒバの無垢板に黒の拭き漆を施したささら板貼りの空間が宿泊客を迎える。夏はカラッと乾燥し、冬は暖かく、輪島を象徴する素材であり自然が持つ調湿性や抗菌性も利用している。

館内の一部には1日1組限定の大人の隠れ家的な「はなれ」を新設し、共有フロアとは一線を画した造り。フロアには、6畳の洋室と和室があるほかに、人数によって8畳のエクストラルームも利用できる。客室数は10室から6室に減らし、よりサービスの質を高めた。

価格(税・サ・込) 1泊2食付 全館禁煙 1名 12,030円~

住所:石川県輪島市河井町22部38番地

石川県輪島市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、輪島市には宿泊施設が49、部屋数にして716が提供されている。

新規開業予定なのは、「ホテルルートインGrand輪島 東館」(102室、2019年5月開業予定)で、ルートインは既に営業している「ホテルルートイン輪島」(120室)と合わせると222室となる。

また本年3月にホテル高習園を継承したHMIの「ホテルこうしゅうえん」(132室)は今後大規模なリニューアル改装を行う予定である。

金沢から輪島へはバスで2時間かかるアクセスでは遠い距離にあるが、これからの冬季では能登半島の日本海に面してカニや天然ふぐ漁獲量日本一をほこる輪島ふぐなど四季折々の山海の幸が豊富に手に入ることで人気を集めそうだ。

出典:お宿たなか

 

関連記事