ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新型コロナウイルス関連倒産、「ホテル・旅館」は81件

新型コロナウイルス関連倒産、「ホテル・旅館」は81件

投稿日 : 2021.03.16

指定なし

新規ホテル情報

帝国データバンクは、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産はことし3月12日16時時点で、全国に1150件確認されていると発表した。法的整理または事業停止(銀行取引停止は対象外)、負債1000万円未満および個人事業者を含んでおり、法的整理は1027件(破産972件、会社更生法1件、民事再生法47件、特別清算7件)、事業停止が123件。

業種別件数上位

発生月別では2021年1月が130件で最多、次いで同年2月が125件、2020年12月が124件と続いている。また2021年は累計で275件確認されている。

負債総額は4259億6500万円で1億円未満の小規模倒産が624件(構成比54・3%)を占めている。一方、負債100億円以上の大型倒産はエアアジア・ジャパン(株)など4件(同0・3%)発生した。

業種別では、「ホテル・旅館」は81件だった。最も多い業種は、自担営業、社会活動の自粛による影響を受けたと思われる「飲食店」の186件で、2番目に多かった業種が「建設・工事業」の98件、その次が「ホテル・旅館」の81件と続いた。

都道府県別では「東京都」の274件が最多であり、その次が「大阪府」の110件と、東京都大阪で33・2%を占めている。

高齢者や医療従事者を優先とした新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まったものの、Go To トラベルキャンペーンの再開はまだ未定だ。コロナ禍に苦しむ事業者がこれ以上の影響を受ける前に、行政による迅速なサポートが望まれている。

*新型コロナウイルス関連倒産
帝国データバンクによる「新型コロナウイルス関連倒産」とは、原則として新型コロナウイルスが倒産の要因(主因または一要因)となったことを当事者または代理人(弁護士)が認め、法的整理または事業停止(弁護士に事後処理を一任)となったケースを対象としている。

合わせて読みたい
  • 2月末から10月12日の間に倒産したホテ...

  • WBFホテル&リゾーツが倒産、負債総額1...

  • 「萩グランドホテル天空」運営の長州観光開...

  • (有)グランド鳳陽(嬉野温泉)自己破産へ...

関連記事