ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 沖縄ハーバービューホテルの総支配人に松浦啓氏が就任

沖縄ハーバービューホテルの総支配人に松浦啓氏が就任

投稿日 : 2020.04.03

沖縄県

ホテル関連ニュース

株式会社ホテルマネージメントジャパンは、2020年4月1日付けで、松浦 啓氏は「沖縄ハーバービューホテル」の総支配人に就任したことを発表。併せて同日付で、前総支配人 齊川 慶一氏が、ホテルマネージメントジャパン沖縄エリア統括総支配人として再任された。

[松浦 啓(まつうら さとる)氏プロフィール]

1969年11月19日生まれ(50歳)。大阪府出身。

南海サウスタワーホテル大阪よりキャリアをスタートさせ、ロイヤルパークホテルで営業経験を積み、2006年より神戸メリケンパークオリエンタルホテルにて要職を歴任、宿泊時代にはブランド戦略とポジショニング戦略に携わり新たなホテルビジョンを掲げ、改革を実行した他、神戸のランドマークホテルとして、品質の高いサービスの提供維持を築くべく独自のサービススタンダードを導入し、顧客満足度アップの実績を残している。

その後、2015年5月なんばオリエンタルホテル副総支配人を経て2015年9月なんばオリエンタルホテル総支配人、2016年8月ホテルビスタグランデ大阪(現ホリデイ・イン大阪難波)総支配人、2018年10月にホテルセントラーザ博多(現オリエンタルホテル福岡 博多ステーション/2019年4月リブランドオープン)総支配人、2020年沖縄ハーバービューホテル総支配人就任、現在に至る。

<略歴>
1990年4月 南海サウスタワーホテル大阪(現スイスホテル南海大阪)入社
2003年8月 ロイヤルパークホテル入社 セールス&マーケティング部大阪営業所 アシスタントセールスマネージャー
2006年10月 神戸メリケンパークオリエンタルホテル入社 営業部営業課長
2011年2月 宿泊部長
2015年5月 なんばオリエンタルホテル副総支配人
2015年9月 なんばオリエンタルホテル総支配人
2016年8月 ホテルビスタグランデ大阪(現ホリデイ・イン大阪難波)総支配人
2018年10月 ホテルセントラーザ博多(現オリエンタルホテル福岡 博多ステーション/2019年4月リブランドオープン)総支配人
2020年4月より、沖縄ハーバービューホテル総支配人就任

同氏は今後の抱負について以下のコメントを述べた。
「2019年にホテル名も1975年開業当時の名称にリブランド。45年目を迎えるこのホテルの築き上げてきた歴史と伝統を守りながら、新しい事にもチャレンジしていきたいと思っております。多様化するゲストニーズに答えつつ、継続して地域に根ざすとともに、地元に愛されるホテルを目指して参ります。」

【沖縄ハーバービューホテル概要】
客室数:352室 
所在地:沖縄県那覇市泉崎2-46 
アクセス:那覇空港より車で約10分・那覇バスターミナルより徒歩約5分
ゆいレール壷川駅より徒歩約10分

【合わせて読みたい】

「 沖縄ハーバービューホテル 」 新総支配人就任

沖縄県ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事