ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 九州初の客室内温泉、地獄蒸し付きグランピング「グランシア別府鉄輪」予約開始

九州初の客室内温泉、地獄蒸し付きグランピング「グランシア別府鉄輪」予約開始

投稿日 : 2021.02.15

大分県

新規ホテル情報

株式会社ブッキングリゾートが運営するリゾートグランピングドットコムは株式会社別府鉄輪パークマネジメント(本社:大分県別府市、代表取締役社長:石田沙織)が運営する湯のまちグランピング「グランシア別府鉄輪(所在地:大分県別府市鶴見照湯1409-1、宿泊棟数:14室)」の予約を開始したことを発表した。

全棟客室室内温泉付き

同施設は2021年4月に九州を代表する温泉地「別府」の鉄輪温泉地区の鉄輪地獄地帯公園内に開業予定。温泉地での新しい過ごし方を提案する。『お子様、女性、アウトドアが初めての方にも優しいグランピング施設』をコンセプトに快適な環境で自然を楽しめる施設づくりを目指すとのこと。

九州エリアでも少ない全棟客室室内温泉付きとなっており、一年を通して快適なアウトドアライフが楽しめる。またテントから屋外に出ることなく各棟個別のトイレや温泉、食事スペースに移動可能。雨の日でも安心・快適にBBQが楽しめる専用食事スペースも各棟に設置されている。真冬でも寒さをしのげる建屋構造で、冬には薪ストーブで暖をとりながら、グランピングBBQを楽しむこともできる。

宿泊棟数は全14棟。テントは半円形型大型ドームテントで、室内にはエアコンを完備。オールシーズン快適に過ごせる。全室プライベートエリアがあるため、他の宿泊客と会うことなく、グランピングを楽しめる。また愛犬との宿泊が可能なプライベートドックラン付きの部屋タイプもある。100㎡を超える芝生のドッグランで他の宿泊客を気にせず愛犬を自由に遊ばせることが可能だ。

また大分県産和牛・新鮮な魚介類などを使用したグランシア別府鉄輪でしか味わえないグランピングBBQも楽しめる。「フロント/センターハウス」では、滞在中の地獄蒸し体験や夕食時のBBQでの野菜の利用など、宿泊者が無料で自由に利用できる新鮮野菜が用意されているとのこと。

食材持込でオリジナルBBQを楽しむ「素泊りプラン」もある。

宿泊者向けに高温の温泉が湧き出る別府ならではの「地獄釜での地獄蒸し」作り体験も用意されている。料金は無料で地獄グランシアプリンや新線野菜の地獄蒸し、蒸しパンといったメニューが用意されている。他にも施設内外に関わらず、地元企業と連携した多種多様なアクティビティが用意されており、施設内では地元で人気の酒屋「丸田酒舗」がプロデュースしたアルコール以外も楽しめるカフェ&バーを設置する。

また同施設では最大40名収容可能な日帰りBBQ施設を用意している。大分県産の和牛や新鮮な魚介類を使用したBBQが楽しめる他、併設された地獄窯での地獄蒸しも体験できるなど、デイユースでも楽しめる施設だ。

<同施設概要>
所在地:大分県別府市鶴見照湯1409-1
宿泊棟数:14室
日帰り席数:約40席
アクセス:別府駅西口より「APU立命館アジア太平洋大学」行のバスに乗車し、「照湯」で下車後、徒歩1分
駐車場:あり
予約サイト:https://granxia-beppu.com/

合わせて読みたい
  • 大分県で開通前のトンネル内に宿泊できるイ...

  • 別府市の高級宿「GAHAMA terra...

  • 別府「ホテル三泉閣」約12億円の負債を抱...

  • ホテル旅館企画のアマネク、5億3千億円超...

関連記事