ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 日本ハウスホテル&リゾート 従業員が2回接種済みバッジを着用開始

日本ハウスホテル&リゾート 従業員が2回接種済みバッジを着用開始

投稿日 : 2021.10.05

新型コロナウイルス関連

日本ハウスホテル&リゾート(東京都千代田区)は、運営ホテル5館で新型コロナウイルスワクチンの2回接種が完了した社員の接種済みバッジの着用を開始した。

同社は温泉リゾートとシティホテルを運営するホテルグループである。今回の取り組みは「ホテル森の風鶯宿(岩手県・鶯宿温泉)」、「ホテル森の風那須(栃木県・那須温泉)」、「ホテル四季の館那須(同)」、「ホテル東日本宇都宮(栃木県・宇都宮市)」、「ホテル森の風立山(富山県・あわすの温泉)」の5つの施設で実施する。

出典:日本ハウスホテル&リゾート

同社はこれまで感染拡大の抑止に向け、全社員175人へのワクチン接種を積極的に進めてきた。2回接種を完了したスタッフが接種済みバッジ着用することで、「来館されたお客さまへ安心感を与えるとともに、ワクチン接種率向上のためのPRになればと考えている」と話す。

このほか、3密になりやすい大浴場、売店、チェックアウトの混雑状況を確認できる混雑確認アプリの導入、食事はバイキング形式での提供を休止しセットメニューに切り替えるなど、新型コロナウイルス感染防止策に取り組んでいる。

出典:日本ハウスホテル&リゾート

また、同社は新規ホテルとして「ホテル四季の館箱根芦ノ湖」を2022年2月17日に開業させる。客室数は30室、芦ノ湖を眼下に見下ろす露天風呂のある大浴場を備える予定。オープンに先立ち、宿泊の予約受付を開始した。

合わせて読みたい
  • 日本ホテル、ワクチン接種済証の提示で「ホ...

  • 道後温泉や城崎温泉の宿泊事業者 ワクチン...

  • 帝国ホテル、ワクチン未接種の従業員に週1...

  • アンプラン新宿、ワクチン接種完了者のみ宿...

関連記事