ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新規ホテル情報 > 移住促進自治体施策まとめ!全国の事例を徹底解説

移住促進自治体施策まとめ!全国の事例を徹底解説

投稿日 : 2022.03.25

新規ホテル情報

全国の各自治体は、ひとりでも多くの新しい住民を迎え入れようと、移民を促進する取り組みに力を注いでいます。

 

  • 移住とは?

  • 自治体が移住促進をするワケ

  • 主な移住促進施策の成功事例

  • 移住促進のプロモーション方法4選

  • 移住促進施策やプロモーション施策にお困りの場合

について紹介します。地方と中央が抱える問題の解決策の一つとして、移住が注目されている今、「移住」に力を注ぎたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

 

移住とは?

移住とは、他の土地に永住を目的として移り住むことを意味し、今住んでいる都道府県や国を離れることを言います。引っ越しや転居と同じように使われることもありますが、一時的に住む場所を変えたり、移リ住んだ先が近所である場合は該当しないと考えた方が良いでしょう。

自治体が移住促進をするワケ

全国の各自治体が移住者支援に力を入れています。自治体が移住促進をするメリットは、人口の増加や地域の活性化などさまざまです。また、移住を希望する人は、仕事や子育ての悩みや老後の不安を解消するために、自分らしさを求めて、都会から自然豊かな土地で暮らす夢を持つ方も少なくありません。

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、都会では、外出自粛や企業がリモートワークの推進をしていることも、人々が移住を考えるきっかけとなっています。加えて、時間や場所にとらわれない働き方「テレワーク」が認知されてきたことにより、より柔軟な働き方ができるようになったことも大きいでしょう。

国は、企業が組織や役割分担といった、働く個人を取り巻く環境を良くするための支援を行なっています。この国の取り組みは、個人にとってもリゾートやバケーションも楽しめる地域でテレワークを行なうことができたり、自宅を就業場所とすることで通勤時間の削減を測ることができます。それに伴い、新たな土地に移住をする個人も増えています。

自治体が移住促進することは、個人や個人が働く企業、自治体にとってメリットのある取り組みと言えます。他県の移住促進や移住促進のプロモーション方法を参考に、移住促進について考えることは、今後、自治体を活性化させるきっかけとなるでしょう。

主な移住促進施策の成功事例

地方では、人口の減少や少子高齢化が加速しているのに対し、東京圏には、日本の人口が一極集中しています。国や自治体は、日本の地域の人口が、二極化してしまうことを是正するために、2000年度に入ってから、積極的に移住促進施策を講じています。その中で、移民促進施策の成功事例をご紹介します。

山梨県韮崎市

山梨県韮崎市は、移住・定住の促進や中小企業等における人手不足の解消を図るため、東京から山梨県韮崎市に移住をし、対象となる企業などに就職をしたり、起業をし、本拠地を山梨県韮崎市に構える、移住元の仕事をテレワークにて行なう場合などに支援を行なうことで、人口の減少を防いでいます。

京都府京都市

京都府京都市は、移住者用に職員寮・賃貸住宅の整備支援に取り組んでいます。支援の内容は、移住促進特別区域において、企業や地域の団体が、寮や賃貸住宅などの住まいを、移住者が居住するために整備をした場合に補助をすることで、地域との連携、住宅整備構想の作成など、地域の活性化を図っています。

新潟県村山市

新潟県村山市は、東京圏から移住した場合、かつ、移住支援金を支給する要件を満たした場合に、移住支援金を交付することで、中小企業の人手不足の解消や新潟県村山市への定住・移住の促進を図っています。

鹿児島県奄美市

鹿児島県奄美市は、地域に定住し、地域の行事への参加や伝統や特色を生かしていくことで、地域の活性化や地域コミュニティを育成するという目的を果たしています。また、将来、鹿児島県奄美市の存続を担うであろう定住者の住まいを提供する「定住促進住宅」の整備も、地域の活性化を図る取り組みの一つです。 

空き家となった住宅を市が借り受け、公的住宅として提供する定住促進住宅は、空き家の有効活用にも役立っており、空き家の所有者と移住者の希望を叶えています。

静岡県浜松市

静岡県浜松市では、東京圏から静岡県浜松市に移住し、就業・起業した方に対して、助成事業支援金を交付することで、活性化を図っています。支援金の額は、単身者での移住者の場合が60万円、2人以上の世帯での移住の場合が100万円です。静岡県浜松市の主な交付要件には移住元にいた期間等も含まれますので、注意が必要です。

石川県

石川県では、石川県内に移住・定住の促進や中小企業の人手不足の解消を目的として、移住資金を支援しています。支給額は、単身者が60万円、世帯の場合が100万です。石川県の甲府要件は、移住元にいた期間のほかに石川県内にUターンをし、移住支援金対象法人に就業されたことも含まれますので、注意が必要です。

移住促進のプロモーション方法4選

企業や商店などが、自分たちが提供する商品やサービスを知ってもらうには、プロモーション(宣伝)が必要です。移住促進の場合も同様です。地域について知ってもらい、興味を持ってもらうことで、活性化を目指す地域に住みたい・移住をしたいと思ってもらうことが必要です。そのためのプロモーション方法を紹介します。

プロモーション用のクリエイティブを作る

プロモーションとは企業と個人でなされるコミュニケーションです。コミュニケーションですので、関わり方は相互関係になります。移住者と関わりを持つためには、まずはじめにプロモーションをするための広告やデザインを作ることが必要不可欠であり、クリエイティブを作ってから他の施策を打つことが効果を上げる為には、有効です。

デジタルマーケット施策を打つ

デジタルマーケットとは、オンラインを利用して得られた情報をもとに行なわれるマーケティング手法です。マーケティングのトレンドの移り変わりは激しく、最近では、企業の中に専門部署を持つことも珍しくありません。そのため、対応を強化するには、なかなか担当者ベースだけでは難しくなるでしょう。その点を踏まえ、デジタルマーケティングを始める際には、検討を重ねると良いでしょう。

メディアに出演する

メディアに出演することも有効です。東京から地方に移住された方がご出演された番組をご覧になられたことはありませんか。メディアに露出することは、非常に大きなメリットがあります。積極的に活用しましょう。

SNSで盛り上げる

SNSは、現在、情報を得るツールとして主流となっています。多くの方々がなにかを知りたいと感じた場合にはまずSNSを利用すると考えておくのが、現在は無難であることを認識することが必要です。SNSには、Twitter、Instagramなどあり、それぞれ特徴があります。闇雲に発信しているだけでは、アカウントを盛り上げることはできません。きちんと戦略を練ってから始めましょう。

移住促進施策やプロモーション施策にお困りの場合

地方では、2000年度から積極的に移住促進施策を講じていますが、先程、ご紹介したのはあくまで、移民促進施策が成功した場合の事例になります。移住促進のためには、認知度を高めるために、プロモーション用のクリエイティブを作ったり、デジタルマーケットの施策を打つ必要があります。SNSやメディアを活用することもあるでしょう。

これらは、なかなか担当者ベースだけでは難しく、専門知識が必要不可欠です。委託会社を見つけて、総合的に移住促進を行なうのが、やはりおすすめです。

移住促進施策やプロモーション施策にお困りの場合はマンスリーホテルに相談しよう

より良い暮らしを求め、永住を決断して頂くためには、「ここで住みたい」と一歩を踏み出すことを応援できたり、新しい住民を迎え入れようとしている人たちをつなぐことが重要になります。他の自治体が運営する長期滞在プランはもちろん、移住促進のためにどんな施策を行なっているかも気になるところです。

                                                                                   マンスリーホテルは、ワーケーションや長期出張、ホテル暮らしなど、長期滞在に特化したホテルを探すことができる専門性の高さが魅力の長期滞在用のサイトを運営するなど、実績が多数あります。利用者にも、平均20%のディスカウントで週泊できるというメリットも集客をするための魅力となるはずです。ぜひ、一度ご覧ください。

                                                                                        Monthly Hotel マンスリーホテル                              https://monthlyhotel.jp/

関連記事