ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新規ホテル情報 > ワーケーション中の食事で気を付けていることは?アンケート結果大公開

ワーケーション中の食事で気を付けていることは?アンケート結果大公開

投稿日 : 2022.10.11

新規ホテル情報

皆さまはワーケーションという言葉を聞いたことがありますか。特定の場所に縛られない働き方で楽しそうというイメージから、始めてみようと思っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ワーケーションとは「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた言葉。仕事場とリフレッシュの場が一体化するワーケーションでは、自己管理でオンオフの切り替えを行う必要があります。

ワーケーションの場ではどのように食事をとっているのでしょうか。今回はワーケーションを経験した男女66人に対してアンケート調査を行い、ワーケーション中の食事についての状況を分析しました。その結果から、ワーケーション中の食事で困ることや、ワーケーション施設でも健康的な食事を心がけるためにやることなどをまとめていきます。休暇を楽しみながら働けるため魅力的に感じるワーケーションですが、食事面などのデメリットも事前に把握しておく必要があります。ワーケーションを正しく理解して、楽しく充実した時間を過ごしていきましょう。

 

ワーケーション中の食事はどうしてる?

ワーケーションを経験した人は、ワーケーション中の食事はどうされていたのでしょうか。その実態を調査するため、2021年9月22日〜2021年10月23日に20代〜40代の男女66名にワーケーション中の食事についてアンケートを行いました。

その結果は、コンビニで購入した人が33名、ホテル外のレストランで食事をした人が13名、その他が10名、ホテル内のレストランで食事をした人が5名、フードデリバリーを利用した人が3名、部屋のキッチンで自炊をした人が2名となりました。コンビニでの購入が圧倒的に多いですね。しかし、ワーケーションの施設により食事の仕方は大きく異なるようです。ワーケーションの食事では、コンビニで購入している人が多いことから滞在先の食事に関して何らかの不満などを抱えている可能性があるのではないでしょうか。今回は、ワーケーション中の食事で困っていることや不満を解決していくための方法を考えていきましょう。

 

ワーケーション中の食事で困っていること

多くの人はワーケーション中の食事でどんなことに困っているのでしょうか。ワーケーションは滞在先で自分で食事を考えるなどの心配がないというメリットがありますが、選択するプランや施設、環境によってはいくつかの問題点もあるようです。

1つめは、ワーケーションを行う施設によっては部屋にキッチンがなく自炊ができないことです。そのためコンビニ弁当で済ます人が多く、不健康な食事が続くことになります。普段から高頻度で自炊する人にとっては、栄養面の偏りなどが心配になるのではないでしょうか。食事を健康的かつ楽しくするために、ワーケーション施設の選択は重要です。

2つめは、食事付プランを選択すると宿泊費が高くなることです。ホテルのレストランで毎回食事ができるプランもありますが素泊まりプランと比べて、費用が倍近くかかる場合があります。自分で食事を考えるなどの手間が不要になり楽ではありますが、経済状況が厳しい人にとっては長期間の滞在は難しいでしょう。その場合は、食料を購入できる場所が近くにある施設で自炊するなど自分の予算に合わせて選択肢を減らしていく必要があります。

3つめは、ホテルの食事が口に合わないことです。好き嫌いが少ない人であれば毎回楽しく食事ができる可能性が高いですが、多くの苦手な食材や料理がある人は毎回の食事が苦痛に感じる場合もあります。特に食事のこだわりが強い人はワーケーション施設を選択する際、宿泊する施設の食事との相性の良さが重要となります。心身の健康面や仕事での活躍を考えると、食事の内容は重要性が高いと言えますね。以上の3点がワーケーション中の食事でよくある問題点です。ワーケーションをより楽しく過ごすためには、このような問題にうまく対応していくための方法を自分なりに考えていく必要がありますね。

 

ワーケーションで健康的な食事を心がけるには

長期間に及ぶワーケーションでは、楽しく充実した時間を過ごすためにできるだけ健康的な生活を送りたいですよね。ワーケーションで健康的な食事を心がけるためにはどうしたらよいのでしょうか。ポイントは下記の2つで、ワーケーション施設の選び方が重要となります。自分の食事の好みや、普段の生活、経済状況などを考慮し自分に合ったものを選択していきましょう。

  • ホテルの朝食を利用する
  • キッチン付きのホテルを選ぶ

 

ホテルの朝食を利用

ワーケーションで健康的な食事を心がけるために、朝食付きのホテルを利用して1日のスタートの食事で健康に気をつかうのがおすすめです。朝食付きプランを探す際は、たくさん施設がありますが温泉旅館などがおすすめです。温泉旅館の中には、「湯治プラン」や「長期滞在プラン」などが準備されている旅館もあります。このような旅館では、食事の量などを自分の好みに変更してくれることもあるためおすすめです。しかしその分高い費用が必要になるため、自分の経済状況を考えながら選択していきましょう。食事の形式は、施設によってバイキングもあるため自分の好みや食べれる量などに合わせて施設を選ぶとよいでしょう。ミスマッチ等を防ぐため、インターネット上に記載されている情報が不十分な場合は必ず施設に問い合わせ、確認しておきましょう。ワーケーションで充実した生活を送るために、事前にできるだけ多くの情報を得ておくことが大切です。

 

キッチン付きのホテルを選ぶ

ワーケーション中に健康的な食事を心がけるための2つ目の選択肢として、キッチン付きのホテルを選ぶ方法があります。キッチン付きのホテルとは、ホテルの客室にキッチンが備わっているホテルで、一般的には「アパートメントホテル」などと呼ばれることもあります。普段から家で自炊をすることが多い方や、健康的な献立を自分で考えたい方、食費をできるだけ抑えたい方は、キッチン付きのホテルという選択肢で自炊生活をしながらのワーケーションもおすすめです。このプランを選択する際も、全室にキッチンがついているのかなどの詳細情報を事前に施設に問い合わせて確認しておきましょう。ワーケーション中の食事をホテルについているキッチンで自炊する際は、事前に食料が購入できる場所をリサーチしておきましょう。

 

まとめ

ここまでワーケーション中の食事の仕方や問題点、健康的な食事を心がける方法について説明しました。アンケートの結果を見ると、すべての年代の男女でコンビニ弁当を購入していた人が多かったことから、ワーケーション施設の食事に何らかの不満などを抱えている可能性が考えられました。休暇を楽しみながら働くというワーケーションは現在も注目を集め人気が高まっていますが、一方、食事など気をつけなければいけないポイントもあります。ワーケーション中でも健康的な食事ができるよう、ホテルの朝食を利用したりキッチン付きのホテルで自炊したりするなど自分の普段の生活に合わせたプランや施設を選択していきましょう。

これからワーケーションを始める予定がある方は、ワーケーションの魅力だけでなく、デメリットなども事前に把握しておくことが大切です。楽しく充実したワーケーションにしたいという方が多いと思います。そのためには食事の質が非常に重要となります。これからワーケーションを始めてみたいという方は、ワーケーションに関する正確な情報を理解し、楽しく充実した時間を過ごしていきましょう。

関連記事