ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 名古屋マリオットアソシアホテル「コンシェルジュラウンジ」リニューアル

名古屋マリオットアソシアホテル「コンシェルジュラウンジ」リニューアル

投稿日 : 2019.04.04

愛知県

ホテル関連ニュース

名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市中村区)では、「コンシェルジュフロア」に宿泊する宿泊客専用ラウンジ「コンシェルジュラウンジ」の改装工事を行い、2019年4月19日(金)に全面リニューアルオープンする。

名古屋の最高級ホテル、宿泊者専用ラウンジ全面リニューアル

出典:名古屋マリオットアソシアホテル

今回の改装により、コンシェルジュラウンジは36階から15階に移転し、シックで落ち着きのあるインテリアと、光とグリーンに満ちた空間に生まれ変わる。

約12mの天井高と大きな窓から自然光が溢れる開放的な空間では、まるで別荘にいるかのような非日常感を味わいつつ、落ち着きと安らぎを感じながらくつろげる。サービス内容についても更にグレードアップし、顧客をもてなす。

「高級ホテルが少ない」と指摘されている名古屋で、唯一「最高級ホテル相当」のレベル9(米トラベルサイト「トラベルウィークリー」)と格付けられている名古屋マリオットアソシアホテル。2019年ラグビーワールドカップをはじめ、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年大阪万博などの国際イベントが控える中、海外の顧客が名古屋へ来る機会も増えていく見込み。

今回の改装により、ホテルグレードをさらに引き上げて「国際都市名古屋の玄関口」にふさわしいホテルスタイルを一層充実させる。

出典:ジェイアール東海ホテルズ

様々な利用シーンに対応できるよう、約320平方メートルの広い空間に、5つの異なる空間を設けた。とくに、ダイニングとラウンジを明確に分けるゾーニングは、一日のうちでも過ごす目的や時間帯により空間の変化を楽しめ、何度来ても初めてのような感覚で利用できる。各ゾーンともテーブルの配置にゆとりを持たせており、宿泊客にはゆったりとリラックスして過ごしてもらい、リゾートにいるような気分へと誘うという。

出典:ジェイアール東海ホテルズ

「200室限定」リニューアル記念宿泊プラン

出典:ジェイアール東海ホテルズ

コンシェルジュラウンジ全面リニューアルオープンを記念し、特別な宿泊プランを販売。テーマは、「別邸で過ごす上質なひととき」。

期間:2019年4月19日(金)~(200室限定)

料金:コンシェルジュデラックスルーム
1室1泊料金 52,515円~(消費税・サービス料込)

特典:ジョー マローン ロンドンのアメニティ
・コロン (イングリッシュ ペアー & フリージア9mL):大人一人につき1本
・バスオイル(イングリッシュ ペアー & フリージア 30mL):一室につき1本

【同ホテル 概要】

所在地:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4

客室数:774室

アクセス:名古屋駅直上

開業:2000年5月

メトロエンジンリサーチによると、同ホテルは、名古屋市中村区において「東横イン名古屋名駅南」(804室)に次ぐ二番目の客室数を誇る。

【合わせて読みたい】

「R&Bホテル名古屋新幹線口」2019年6月25日(火)開業

アパホテル〈名古屋駅新幹線口北〉2020年6月開業

愛知県ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

愛知県ホテル展開状況(2019年1月現在)

東京~名古屋間40分で結ぶリニア開業を前に、名古屋ではビジネスホテルが活況

関連記事