ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 飲食店プロデュース「ティーアンドピー」が自己破産申請へ マスタードホテルも休館

飲食店プロデュース「ティーアンドピー」が自己破産申請へ マスタードホテルも休館

投稿日 : 2021.02.16

東京都

新型コロナウイルス関連

ティーアンドピー株式会社(旧商号:株式会社THINK GREEN PRODUCE、所在地:東京都渋谷区、代表:関口正人氏)は、2月12日に事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。

2008年(平成20年)3月に設立された当社は、鎌倉のカフェレストラン「ガーデンハウス(GARDEN HOUSE)」、ベーカリーカフェ「ガーデンハウスクラフツ(GARDEN HOUSE CRAFTS)」など飲食業や「マスタードホテル(MUSTARD HOTEL)」の名称でホテル業などを手掛けていた。

知名度の向上が来店客数の増加につながり、それに伴って店舗数を拡大させてきた。2020年2月期には年売上高約27億円を計上したが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛や営業時間の短縮などの影響で売上高が急減した。

出典:マスタードホテル 渋谷

不採算店舗を閉鎖するなど経営の立て直しを図ったものの、店舗の新規出店に伴う金融機関からの借入金や人件費の増加が負担となり、延納していた消費税や社会保険料などの支払いが困難になったことから今回の事態となった。

2018年9月に渋谷で開業した「マスタードホテル 渋谷(MUSTARD HOTEL SHIBUYA)」は、新型コロナウイルス感染症の終息が不確定な中、宿泊客の安全・安心確保を理由に2021年1月26日(火)から休館している。

負債額は債権者約60名に対し約24億円の見通しで、一部の事業については別会社に譲渡するとしている。

マスタードホテル渋谷:休館のお知らせ

合わせて読みたい
  • MUSTARD HOTEL ASAKUS...

  • 北海道 定山渓ビューホテル来年2月に休館...

  • 伊藤園ホテルズ 全国46のホテル・旅館を...

  • 東横インが6月末まで首都圏と大阪、愛知の...

関連記事