ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 長期滞在専門ホテル予約サイト「Monthly Hotel」11月1日正式リリース

長期滞在専門ホテル予約サイト「Monthly Hotel」11月1日正式リリース

投稿日 : 2020.11.02

指定なし

ホテル関連ニュース

メトロエンジン株式会社とBEENOS株式会社はホテルや旅館などの宿泊施設への長期滞在社向け予約サイト「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」を2020年11月1日より正式にリリース、予約提供を開始した。

Go To トラベルやもっとTokyoも利用可能

出典:Monthly Hotel

本サイトは立地やセキュリティ、衛生面やサービス、付帯設備の充実といったホテルの利便性を活かし、長期旅行や出張、リモートワークやワーケーション、さらには住まいとしての利用など、宿泊施設の新たな価値を提供する。これにより国内外の旅行客やホテル暮らしのハードルを下げ、ホテルを身近に感じてもらうことを目指していく。また宿泊施設事業者にとっても稼働率を安定させるサポートとなるよう事業を展開するとのこと。

11月1日現在、全国約129施設の宿泊施設の掲載が予定されており順次予約を開始。Monthly Hotelを利用して予約をすると、1ヶ月67,500円よりホテルに滞在可能だ。

Monthly Hotelの特徴は以下の通り。

① 2週間以上半年以内の長期予約がリーズナブルな長期滞在専門ホテル予約サイト。サイト内には長期利用可能なホテルのみが掲載され、現地決済にも対応。1泊当たりの宿泊地(ADR)の最安値より20%以上割引したお得なプランを提供する。

② 都心やリゾート地など、全国21都道府県・約129施設が参画予定。ビジネスホテルや旅館、リゾートホテルなど、さまざまなニーズに対応できるなど、ユーザーにマッチする宿泊施設選びが可能。

③ Googleホテル広告のインテグレーション・パートナー事業者が運営するため、Google検索からも宿泊プラン予約が可能で、シームレスな検索も可能になる。

またMonthly Hotelは「Go To トラベルキャンペーン(以下、Go To トラベル)」と都内観光促進事業「もっと楽しもう!TokyoTokyo(以下、もっとTokyo)」も利用可能。

東京都民が都内のホテルにて両方の制度を利用すると、「Go To トラベル※1」の最大35%OFFの旅行代金割引と旅行代金の15%相当分の地域共通クーポン付与に加え、「もっと、Tokyo※2」の1日あたり5,000円割引補助が適用。さらにリーズナブルに宿泊できる。

※1「Go To トラベル」の割引やクーポンの付与は、Go To トラベルの宿泊制限に準じて実施される。

※2「もっとTokyo」は1泊当たり9,000円以上の宿泊に限り利用可能。割当額に限りがあるため、上限に達し次第販売は終了する。また利用可能時期は機能実装以降となる12月頃を予定している。

【参画の問い合わせについて】
「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」ホテル・旅館などの宿泊事業者参画に関する問い合わせは以下からWebにて行う。
https://monthlyhotel.jp/forhotels/

【メトロエンジン株式会社】
ビッグデータから人工知能・機械学習を活用し、客単価の設定を行うレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」を宿泊事業者に提供。国内有数のホテル50社以上と契約し、ホテル業界以外にもレンタカー業界、高速バス業界などを対象とした事業も展開している。

【BEENOS】
テクノロジーで日本と世界を双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開をが強み。グローバルECサービスの運営や日本独自のコンテンツ商材の企画・開発を行う。越境ECの関連サービス「転送コム」と「Buyee」では合わせて2,000以上の国内ECサイトの海外販売をサポート。グローバル取引の問題解消やマーケティング、カスタマーサポートなど独自のノウハウを持つ。

合わせて読みたい
  • 長期滞在者向けホテル予約サイト「Mont...

  • GoToトラベル延長 政府調整へ 公明党...

  • 都内観光促進事業「もっとTokyo」、予...

  • Go To トラベル、9月末までに251...

関連記事