ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京都悠洛ホテル Mギャラリーが長期滞在プラン「Kyo Suite Home」を4月12日から開始

京都悠洛ホテル Mギャラリーが長期滞在プラン「Kyo Suite Home」を4月12日から開始

投稿日 : 2021.04.08

京都府

宿泊プラン

「京都悠洛ホテル M ギャラリー」(京都市東山区)は、スイートルーム「京スイート」および「デラックスルーム」への30泊の長期滞在プラン「Kyo Suite Home」の販売開始を発表した。

(出典:京都悠洛ホテル Mギャラリー)

京都悠洛ホテル M ギャラリーは、フランス・パリを拠点とした「アコー」のプレミアムホテル。対象となる部屋は54平米の「京スイート」と、32平米の「デラックスルーム」のそれぞれキングもしくはツインルーム。「京スイート」は30泊のプランのみ、「デラックスルーム」では14泊もしくは30泊から選択できる。室料は以下の通り。

ルームタイプ宿泊数金額(税さ込・宿泊税別)
京スイート30泊1,000,000円
デラックスルーム14泊250,000円
デラックスルーム30泊400,000円

京スイートに1泊あたり約3万円で宿泊できる計算だ。1室あたり2名まで宿泊可能。

(出典:京都悠洛ホテル Mギャラリー)

宿泊者特典は部屋タイプによって異なる。

京スイートでは、滞在中にレストラン「54TH STATION GRILL」で利用可能な朝食券20枚がつくほか、滞在中にペアディナーを2回まで使える。室内のミニバーは、アルコールを含み無料で利用可能。飲食した分は、客室清掃時に補充される。また、1日につき指定アイテム4点までのランドリーサービスを受けられる。また、京スイートにはダブルベーシン、Bluetooth接続オーディオスピーカーといった設備も備わる。

デラックスルームの場合は、滞在中利用可能な朝食券が14泊の場合4枚 、 30泊の場合10枚がつく。ランドリーサービスは1日につき指定アイテム3点までが利用可能。加えて、滞在中は部屋をキープしたまま京スイートへ2泊までアップグレードができる。

両プランの共通特典としては、館内Wi-Fiやジムを無料で利用できる。室内のコーヒーマシーンの利用も無料で、ミネラルウォーターは1泊1名につき1本が用意される。客室清掃やリネン交換は3日に1回。アメニティは、清掃・リネン交換時に補充・交換される。

(出典:京都悠洛ホテル Mギャラリー)

贅沢な長期滞在が叶う「Kyo Suite Home」は、2021年4月5日(月)から予約受付開始している。宿泊期間は 2021年4月12日(月) から、2021年7月31日(土)まで。

■ 長期ホテル滞在を検索するなら「Monthly Hotel (マンスリーホテル)」
テレワークの増加の影響を受け、ワークスペースを提供すべく多くのホテルが長期滞在プランを発表している。「Monthly Hotel」は、全国各地の長期滞在プランを提供するホテルを検索・予約できるサービスだ。2週間〜半年間といった長期滞在のみが検索対象となる。メトロエンジン株式会社とBEENOSグループが共同事業として設立された「Monthly Hotel」は、現在参画事業者募集中。

合わせて読みたい
  • “泊まれる美術館”「アール モン ゼン ...

  • 「Nazuna 京都 椿通」2020年4...

  • 「MIMARU京都 河原町五条」2020...

  • 「クロスホテル札幌」「クロスホテル京都」...

関連記事