ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > メトロエンジンが自社予約エンジンを無償提供。Googleホテル広告の無料予約リンク連携サービスを5月中旬開始。

メトロエンジンが自社予約エンジンを無償提供。Googleホテル広告の無料予約リンク連携サービスを5月中旬開始。

投稿日 : 2021.05.10

プレスリリース

新規ホテル情報

メトロエンジン株式会社(東京都港区)は、コロナ禍における宿泊業界を支援するため、Googleホテル広告の「Free Booking Links」(以下「無料予約リンク」)連携サービスをホテル・旅館事業者へ無償提供することを決定した。新サービスは5月中に提供開始予定。

■Googleホテル広告について

「Googleホテル広告」とは、 ホテルの部屋の空き状況や料金を表示できる世界最大のメタサーチ。ユーザーは検索やGoogleマップからホテルの情報を閲覧・比較でき、さらに各予約サイトに遷移して予約が可能。「無料予約リンク」とは、Googleホテル広告の下部にリンクを掲載できるサービス。リンクを連携すれば、広告費が無料で掲載が可能となる。

ただし、リンクの連携はホテル・旅館側で設定作業を行う必要がある。また、上位表示をさせるためには広告費を支払い、Googleホテル広告として掲載しなければならない。さらに、宿泊施設がGoogleホテル広告上で公式サイトを掲載するには、Googleに認められたインテグレーションパートナーとの連携が必要となる。

■サービス概要

今回メトロエンジンが発表した新サービスは、Googleホテル広告への掲載を検討しているものの、こういった設定作業や連携がネックとなっているホテル・旅館に向けたものだ。

具体的なサービス内容としては、メトロエンジンが提供するGoogleホテル広告専用の予約エンジン「メトロブッキング」を無料で提供する。「メトロブッキング」は、現在利用中の予約エンジンから乗り換えずに併用して掲載できるほか、公式サイトの予約エンジンとして利用可能だ。 これを使用することで、ホテルは広告を完全無料で掲載できる。なお、メトロエンジンはGoogleホテル広告の日本最大のインテグレーションパートナー。

ちなみに、メトロエンジンが従来より提供しているGoogleホテル広告の掲載サービスは継続される。より戦略的な集客・運用を希望するホテルに向けては、専任担当がシステム連携から広告運用までワンストップでサービス提供を行う。また今後は、ユーザーの意見を反映してプロモーション・会員プログラムなどのオプション機能の開発も予定する。

■サービス利用条件

サービスの利用は、BEENOS Travel株式会社と共同運営する長期滞在型ホテル専門予約サイト「Monthly Hotel」への申込と掲載が条件となる。「Monthly Hotel」は、7泊以上の宿泊予約ができる長期滞在に特化したサイト。コロナ禍における在庫過剰問題を解決し、安定的な予約確保を可能とする。掲載料無料で、予約手数料のみが発生する仕組みだ。

■無料オンラインセミナー

新サービスのリリースにあたって、メトロエンジンにより無料オンラインセミナーが開催される。概要は以下の通り。

  • 表 題:直予約を獲得する Googleホテル広告「無料予約リンク」活用法
  • 日 時:2021年6月 2日(水)18:00〜19:00
           6月24日(木)12:00〜13:00 ※追加しました
  • 参加費:無料
  • 対 象:宿泊施設関係者、メディア関係者
  • 定 員:各日とも100名(定員を超える申込があった場合は抽選)
  • 配 信:Zoomライブ配信(利用方法は申込後にメールで案内)
  • セミナー申し込み:https://forms.gle/eFHWw5pABD2JgvGRA
  • その他問い合わせ窓口:0344005293

■事前エントリー

新サービスについて、現在事前エントリーも受け付け中。ただし、オンラインの受付のみとなる。電話、メトロエンジンHPのお問い合わせフォームからのエントリーは不可。

エントリーはこちら→https://form.run/@sales-1619603130

■会社概要

【メトロエンジン株式会社概要】
社 名:メトロエンジン株式会社
代 表 者:代表取締役CEO 田中 良介
本 社 所 在 地:東京都港区南青山3丁目8−40 青山センタービル 2階 設 立 年 月:2016年10月

【BEENOS Travel株式会社概要】
社 名 : BEENOS Travel株式会社
代 表 者 : 代表取締役社長 竹内 拓
本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー6F 設 立 年 月 : 2019年12月

関連記事