ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 経産省・国交省「スマートモビリティチャレンジ」28事業選定

経産省・国交省「スマートモビリティチャレンジ」28事業選定

投稿日 : 2019.06.18

東京都

ホテル関連ニュース

経済産業省・国土交通省では、本年4月より新しいモビリティサービスの社会実装に挑戦する地域等を応援する新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を開始。今般、その支援対象として、合計28の地域・事業を選定した。

全国28の支援対象地域・事業を選定

対象地域・事業は以下の通り。

出典:経産省

先進的な取組を進める地域において事業性分析等を通じ、ベストプラクティスの抽出や横断的課題の整理等を進めていく。

「スマートモビリティチャレンジ」プロジェクトでは、今後、スマートモビリティチャレンジ推進協議会の活動を通じ、具体的なニーズやソリューションに関する情報共有を促すとともに、新しいモビリティサービスの地域における事業性・社会受容性向上のポイント、地域経済への影響、制度的課題等を整理し、ビジネス環境整備を進めるという。

スマートモビリティチャレンジシンポジウム

経済産業省・国土交通省では、新たなモビリティサービスに取り組む自治体や企業の人々と情報共有やコラボレーションを図るためのシンポジウムを開催。スマートモビリティチャレンジの支援対象地域・事業の紹介や推進協議会の会員自治体・企業等による取組の紹介を行う予定。

日時:6月21日(金曜日) 13時~16時 (12時より受付開始)
会場:東京ミッドタウン日比谷 6階 BASE Q

世耕経済産業大臣、石井国土交通大臣のほか、自治体や事業者などが登壇する。

※参加登録は終了済み、とのこと

【合わせて読みたい】

「スマートモビリティチャレンジ シンポジウム」6月21日都内開催

国交省、日本版MaaSの展開に向けて先行モデル19事業選定

経産省、本年2月「スマートモビリティ推進月間」

“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップ

関連記事