ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京都府 宿泊施設の感染対策と事業展開に最大750万円の補助金

京都府 宿泊施設の感染対策と事業展開に最大750万円の補助金

投稿日 : 2021.06.23

京都府

ホテル関連ニュース

京都府では、新型コロナで大きな打撃を受ける宿泊事業者を支援しようと、感染対策や事業展開に対する補助金事業の実施を始めた。

事業の名称は「宿泊施設事業継続緊急支援事業補助金」。補助の対象は大きく分けて2つ。①感染拡大防止等支援事業と、②戦略的投資支援事業だ。

①は、新型コロナウイルス対応ガイドラインにもとづく感染対策を実施するためのサーモグラフィー、アルコール消毒薬、換気設備などの設置費用を指す。②は『ウィズコロナ』を見据えた事業展開全般で、具体的には、ワーケーションプランの拡充、キャッシャレス・非接触システム端末の導入費用などが含まれる。

①の補助率は費用の2分の1で、上限は500万円。補助限度額は施設の客室数と収容人数に応じて異なる。②の補助率は費用の4分の3で、上限は750万円。①②どちらも補助対象となる費用は30万円以上。また、①と②を同時に申請した場合の補助限度額は750万円。なお、民泊は対象外となっている。

出典:宿泊施設事業継続緊急支援事業補助金チラシ

2021年6月21日より募集を開始し、7月21日まで書類を受け付ける。申請先は京都府宿泊施設事業継続緊急支援事業補助金事務局。

宿泊施設事業継続緊急支援事業補助金の募集開始について

合わせて読みたい
  • 「佐賀支え愛 宿泊キャンペーン 第3弾」...

  • 京都市、新型コロナ感染症の影響に伴う中小...

  • 国交相 コロナ対策費として宿泊施設に最大...

  • 宿泊施設バリアフリー化促進事業、観光需要...

関連記事