ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 『京都悠洛(ゆら)ホテル二条城別邸 Mギャラリー』2020年11月28日に開業予定

『京都悠洛(ゆら)ホテル二条城別邸 Mギャラリー』2020年11月28日に開業予定

投稿日 : 2020.08.04

京都府

新規ホテル情報

フランス・パリを拠点とするホテルブランド「Mギャラリー」が、地下鉄東⻄線二条城駅より徒歩1分の距離に、スモールラグジュアリーホテルを開業することをリリースした。

「Mギャラリー」は、世界110カ国に5,000を超えるホテル・リゾートを展開する仏「アコー」のプレミアムホテルブランドである。⽇本では、昨年「京都悠洛ホテル Mギャラリー」をオープンさせており、この「京都悠洛ホテル二条城別邸 Mギャラリー」(京都府京都市中京区市之町)は日本で二拠点目となる見込みだ。

コンセプトを”上質な非日常”と定め、全客室25室のスモールラグジュアリーホテルとして運営する。

全客室は美しく⼿⼊れされたホテルの⽇本庭園に⾯しており、落ち着いた⾊彩の上質なインテリアでまとめられている。⾼層階には、歴史的名所の⼆条城を望むことができる客室もある。

デザイナーには橋本⼣紀夫⽒を迎え、四季を感じられる⽇本庭園と⾮⽇常の寛ぎを提供する。

当ホテルのデザインを担うのは、ホテルや商業施設などを数多く⼿掛ける世界的デザイナー橋本⼣紀夫⽒だ。全客室に加えロビーも⽇本庭園に⾯しており、丁寧に⼿⼊れされた庭園がどこからでも楽しめるよう工夫されている。

レストランのフードコンセプトは「フレンチ懐⽯」。

料飲施設は、1階にレストラン「NIJO JO」とバー「YURA」がある。レストランでは「日本の美意識」と「京都の豊かな伝統料理」のアレンジを加えた、繊細で独創的なフレンチ懐⽯を提供。レストラン併設のバーでは、Mギャラリーならではのミクソロジーカクテルで利用客をもてなす予定だ。

仏「アコー」のプレミアムホテルブランド「Mギャラリー」は、現在、世界110カ国に5,000を超えるホテル・リゾートを展開している。HERITAGE(ヘリテージ)、SERENITY(セレニティー)、SIGNATURE(シグニチャー)3つのカテゴリーがあるが、「京都悠洛ホテル⼆条城別邸 Mギャラリー 」は、 SIGNATURE(シグニチャー) のカテゴリーに位置付けられる。

施設概要

  • 名称:『京都悠洛(ゆら)ホテル二条城別邸 Mギャラリー』
  • 開業予定⽇:2020年11月28日(土)
  • 住所:京都府京都市中京区市之町180-1
  • アクセス:地下鉄東西線 ⼆条城前駅 徒歩1分


合わせて読みたい
  • “泊まれる美術館”「アール モン ゼン ...

  • 京都悠洛ホテル Mギャラリー、 インスタ...

  • 京都悠洛ホテル Mギャラリー、7月1日よ...

  • 仏アコー「京都悠洛ホテル Mギャラリー」...

関連記事