ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京都市 宿泊施設の全客室にバリアフリー化を義務付ける条例改正案を発表

京都市 宿泊施設の全客室にバリアフリー化を義務付ける条例改正案を発表

投稿日 : 2021.02.10

京都府

ホテル関連ニュース

2月10日。京都市では宿泊施設の新設および増築・改築に際し、すべての客室のバリアフリー化を義務付ける条例改正案が発表された。

これまで、市内のバリアフリー基準の対象は廊下や浴場などの共用スペースにとどまっていたが、改正案では施設の規模を問わず、すべての客室について車椅子の利用者や高齢者、妊婦が利用しやすいよう配慮すべき基準が定められている。

具体的には、車椅子で移動できるよう、客室内の通路幅を100㎝以上とする、客室内は原則段差なしとする、バスやトイレ内に車椅子が進入できるスペースをとる、などの条項が盛り込まれた。

また、高齢者や障害者の利用者は階段での移動が困難であることから、共用部分の経路にはエレベーターの設置を義務付ける条項も追加された。これまで設置の義務が課されていたのは延べ面積1,000㎡以上の施設のみであった。

小規模施設で設置が困難な場合については、小型エレベーターやいす型階段昇降機の設置、地上階に客室があることなど、代替基準が定められている。

市によれば、施設の規模を問わず、全客室にバリアフリーの基準を定めるのは全国初だという。改正案は2月17日に開かれる議会に提出し、可決されれば今年10月から施行される見通しだ。

合わせて読みたい
  • バリアフリー旅行相談窓口設置実証事業、第...

  • 帝国ホテル 東京本館にバリアフリールーム...

  • 東京パラリンピックに向けてー観光庁、宿泊...

  • 東京都、宿泊施設バリアフリー化支援内容を...

関連記事