ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > KDDIがシェアフロント型コンパクトホテルに出資

KDDIがシェアフロント型コンパクトホテルに出資

投稿日 : 2019.02.10

福岡県

インバウンド

KDDIは、インバウンド需要のさらなる増加を見据え、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」を通じて、訪日外国人グループ旅行に注力したシェアフロント型コンパクトホテル「mizuka (ミズカ)」を展開する株式会社Hostyに出資した。

出典:Hosty

訪日外国人のグループ旅行に注力したこのシェアフロント型コンパクトホテルは、民泊とは異なり、スピード開業と、ホテル間のフロント共有化などによる低コストオペレーションが可能な新しい業態の宿泊施設。

Hostyは、交通アクセスが良く需要の高い立地に、設計や内装家具デザインのパッケージ化などによる最短2カ月での開業と高いデザイン性を特徴とした新しいホテル運営事業者。

また、2018年6月15日に旅館業法が改正されたことで可能となったホテル間のフロント共有化などにいち早く取り組み、福岡を中心にホテル運営事業を急速に拡大し続けている。

訪日外国人旅行者数が3,000万人を突破し、さらなる拡大が期待されるなか、KDDIは、同出資を通じて、シェアフロント型コンパクトホテル事業の強化、および全国展開のサポートを行い、インバウンド需要のさらなる創出と共に新しいホテル運営事業を共創していく考え。

【Hosty 概要】

社名:株式会社Hosty

本社:福岡県福岡市中央区今泉2丁目4番31

設立年月日:2015年6月

事業内容:ホテル業 (訪日外国人のグループ旅行に注力したシェアフロント型コンパクトホテル「mizuka」の運営)/不動産に関するコンサルティング事業/清掃業

代表者:山口 博生

【合わせて読みたい】

KDDI、中部国際空港で伊賀・甲賀忍者をVR体験


関連記事