ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁 「GoToトラベル」事業参加の宿泊施設における感染防止策を調査 結果を公開

観光庁 「GoToトラベル」事業参加の宿泊施設における感染防止策を調査 結果を公開

投稿日 : 2020.08.12

Go To トラベル

観光庁がGoToトラベル事業参加の宿泊施設を訪問し、感染防止策の実態を調査した。対象となった施設は54。そのうち12施設に指導が行われた。

観光庁の指示で各地方運輸局がGoToトラベル事業参加の宿泊施設を訪問し、感染防止策の実態を調査した。対象となった施設は54。そのうち12施設に指導が行われた。

今回の訪問調査は、Go To トラベル事業参加における宿泊業者側の条件「感染拡大防止に当たっての措置」が適切にとられているかをチェックする目的で行われた。

実際に調査に当たったのは国土交通省の地方運輸局。8月6日から7日にかけ、計52施設が対象となった。

以下は調査項目の一部である。

①チェックイン時の検温
②旅行者の本人確認
③浴場や飲食施設等での3密対策の徹底
④食事の際の3密の回避

調査の結果、①や③に関してはおおむね守られていたが、エレベーターやチェックイン時に密集が発生しているケースがあり、指導が行われた。

指導があったのは計12施設。内容別にみると、「GoToトラベル宿泊者への遵守事項の周知が不十分」が7件と、過半を占めた。館内での掲示や旅行者に紙を配布するなどして対応するという。

また、独自の工夫を行っている施設も事例として取り上げられた。チェックインは部屋で行う、食事会場でマスクを外す際、マスクを包むための紙を用意、など、いずれも接触を徹底して回避する取り組みだ。

調査の結果、実施が不十分とされた施設には再度徹底を求めるとともに、工夫されている例については周知していくという。

次回の調査は中小規模の宿泊施設を対象として、8月中に行われる。その後も定期的に実施予定とのこと。

合わせて読みたい
  • 日本観光振興協会 旅の安全を確保する取り...

  • ホテルの食事提供「テイクアウトメニュー」...

  • 「Go To」事業対象のホテルで感染発覚...

  • 「コスパより衛生・安全性の重視へ」旅行先...

関連記事