ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR東日本「駅弁味の陣2020」大将軍は長野県「諏訪弁 ほいじゃねェ」に決定

JR東日本「駅弁味の陣2020」大将軍は長野県「諏訪弁 ほいじゃねェ」に決定

投稿日 : 2021.01.05

指定なし

Uncategorized

JR東日本が主催する駅弁頂上決戦「駅弁味の陣2020」のグランプリが発表になった。

「駅弁味の陣」は、秋の行楽シーズンに合わせ、鉄道の旅に欠かすことのできない駅弁の魅力を発信し、観光創造や地域活性化を図ることを目的にJR東日本が開催するイベント。投票方法ははがきとウェブの2通りで、総合評価(購入した駅弁の味、盛り付け、掛け紙の3項目を4段階で評価し、その平均値に駅弁ごとの投票数を加味し算出した値)が最も高かった駅弁を決定する。

「駅弁味の陣」で選ばれるのは「駅弁大将軍」のほか、二番手「駅弁副将軍」、さらに「味覚賞」「盛付賞」「掛け紙賞」「初陣賞(新作の中で一番評価の高かった駅弁)」、そして「エリア賞(北東北・南東北などのエリアごとに一番評価の高かった駅弁)」など。また、WEB投票によって選ばれる「そそられ将軍(まだ食べていないが、食べてみたい駅弁)」もある。

「旅先でも・わが家でも」がテーマとなった今回、最も高い総合評価を獲得した駅弁は、長野県の「諏訪弁 ほいじゃねェ」(れすとらん割烹いずみ屋、税込み1080円)。 投票者からは「諏訪の方言と、掛け紙がインパクトがあり、あたたかみを感じとてもよかった。「諏訪地方の特産品を上手に取り入れていて、見た目も良く、大変美味しかったです。」などの声があった。

出典:JR東日本「駅弁味の陣2020」

このほか、「駅弁副将軍」に「きざみ岩下の新生姜 きぶなカレー ブラックシーフード(松廼家、同900円)」、「最多応募賞」に「あとひくいなり寿し(株式会社ホテルハイマート、同650円)」など、計14駅弁が選ばれた。

汽車旅に欠かすことができない「駅弁」は食材や盛り付け、調理法、そして名前にも、その土地の食文化が映し出されている。JR東日本が主催する「駅弁味の陣」は2020年で9回目となり、駅弁界の年中行事として浸透し、各界から注目を集めている。

JR東日本「駅弁味の陣2020」:https://www.ekiben-ajinojin.com

合わせて読みたい
  • JR京橋駅最寄にホテル「ヴィアイン大阪京...

  • ホテルで電車の旅を疑似体験できる!エクセ...

  • 「JR 東日本ホテルメッツ」STATIO...

  • JR西日本「どこでもドアきっぷ」10月販...

関連記事