ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JALの客室乗務員が新型コロナウイルスに感染

JALの客室乗務員が新型コロナウイルスに感染

投稿日 : 2020.03.09

千葉県

ホテル関連ニュース

日本航空は本日3月9日に同社の客室乗務員(50代女性、千葉県在住)が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたことを発表した。

東京都の保健所より受けた3月7日の連絡によると、2月24日に発症したことが確認され、当該客室乗務員が乗務した2月25日の運航便(JL009便(シカゴ空港発-成田空港着、乗客数:104名、乗員数:運航乗務員3名 客室乗務員13名))に同乗していた12名の客室乗務員について、濃厚接触者と特定された。

当該便および当該便以前の便の搭乗客について濃厚接触者はいないと判定されたという。

また当該本人は、同便に乗務して以降、乗務はしていない。

なお、同社は濃厚接触者に特定された客室乗務員については、3月11日までの自宅待機を指示した。現時点において当該社員と接触が確認された社員について体調不良の症状のある者はいないとのこと。

同社の客室乗務員は現在、マスクおよびビニール手袋を着用してサービスを実施。当該機の機内消毒は実施済みとなっているという。

関連記事