ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 【岩手県】各市町村で開催中の観光割引キャンペーン情報

【岩手県】各市町村で開催中の観光割引キャンペーン情報

投稿日 : 2021.11.25

岩手県

Go To トラベル

公的機関ニュース

岩手県の各市町村では、新型コロナウイルスによって落ち込んだ旅行業界を盛り上げるため、各自治体がそれぞれの観光促進のキャンペーンを実施している。

八幡平市

(出典:八幡平市)

八幡平市で開催しているのは「八幡平SlowStayキャンペーン」。市内宿泊施設の宿泊料金を1人1泊あたり最大3,000円割引するという内容。八幡平市観光協会のホームページで仮予約番号を取得してから宿泊予約をすることで割引が適用される。対象は東北6県在住者で、実施期間は2021年12月20日(月)まで。

盛岡市

(出典:盛岡の宿応援割)

盛岡市では「盛岡の宿応援割」を実施している。対象の宿泊施設の料金を1人1泊あたり3,000円を上限に、最大7泊まで補助するという内容。「盛岡の宿応援割」を利用する旨を伝えた上で予約し、宿泊の際に申込用紙に必要事項を記入することで割引される。対象は対象は東北6県在住者で、実施期間は2022年2月28日(月)まで。

花巻市

花巻市が実施しているのは「花巻市温泉宿泊施設等利用促進事業」。対象の宿泊施設に1名あたり宿泊6,000円以上の場合に3,000円、4,000円〜5,999円の場合に2,000円、食事付きの日帰り入浴は1名あたり2,000円以上の場合に1,000円割引するという内容。対象施設に電話等でキャンペーンを利用する旨を伝えた上で予約し、利用当日に宿泊施設等で申込書を記入することで割引を受けられる。対象は岩手県民、県内事業所に勤務する人で、団体利用は8人程度までを目安となる。実施期間は2022年1月10日(月)まで。

宮古市

宮古市では1人4,000円以上の宿泊料金プランを3,000円割引し、1,000円分のクーポンを進呈する「みやこ宿泊割」を実施している。対象宿泊施設に「みやこ宿泊割」を利用する旨を伝えることで適用可能。対象は全国民で、実施期間は2022年1月14日(金)まで。

釜石市

(出典:釜石市)

釜石市は市内宿泊施設の宿泊料金を1人1泊2,000円割引する「かまいし宿泊キャンペーン」を実施している。キャンペーン参加施設を確認し、現地決済で予約することで適用可能。対象は全国民で、実施期間は2022年1月31日(月)まで。

久慈市

久慈市は対象宿泊施設の宿泊料金を1名1泊につき最大3,000円割引する「久慈の宿 応援プロジェクト」を実施している。対象の施設を確認の上、宿泊当日に住所のわかる身分証を提示することで利用可能。対象は岩手県民で、1回の旅行につき1人あたり2泊までとなる。実施期間は2022年2月28日(月)まで。

遠野市

(出典:遠野市)

遠野市は「遠野に泊まって応援クーポン」の発行をしている。事前に申込をした人に対し、1人2枚を限度に対象宿泊施設で使える1枚1泊2,000円の宿泊割引郵送するという内容。加えて、チェックイン時に宿泊クーポンと引き換えに、観光や買い物で利用できる「遠野を巡って応援500円クーポン」が4枚進呈される。対象は全国民で、実施期間は2022年2月25日(金)まで。

大船渡市

大船渡市は「大船渡に泊まってHappy!大作戦Part2」を実施している。宿泊料金を1人1泊あたり最大4,000円割引、市内対象の飲食店や土産店等で使える1,000円分のクーポン券が進呈されるという内容。対象宿泊施設にキャンペーンを利用する旨を伝えて直接予約し、宿泊当日に確認書を記入することで割引が適用される。岩手県民かつ観光目的の人が対象。連泊は1回につき2連泊まで、利用回数の制限はない。実施期間は2022年1月31日(月)まで。

一関市

一関市は、市内対象施設の宿泊料金を1人1泊あたり最大3,000円を助成する「いちのせき宿泊応援割第3弾」を実施している。宿泊施設に直接電話等でキャンペーンを利用する旨を伝え予約し、当日に宿泊証明書に必要事項を記入することで割引を受けられる。対象は東北6県在住者で、1人1回につき7連泊まで可能。実施期間は2022年1月31日(月)まで。

合わせて読みたい
  • 「花巻市内宿泊施設利用助成事業」岩手県民...

  • 1泊最大7,000円補助!「いわて旅応援...

  • 「雫石プリンスホテル」農家と提携、ホテル...

  • 岩手盛岡で秋冬の宿泊割引事業がスタート ...

関連記事