ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 鹿児島県民割「今こそ鹿児島の旅 第2弾」5月23日まで新規販売を停止へ

鹿児島県民割「今こそ鹿児島の旅 第2弾」5月23日まで新規販売を停止へ

投稿日 : 2021.05.10

鹿児島県

新型コロナウイルス関連

ホテル関連ニュース

公的機関ニュース

鹿児島県は県内観光促進緊急対策「今こそ鹿児島の旅事業(第2弾)」の新規販売を5月7日から5月23日まで停止すると発表した。

経過措置期間中は割引を実施

「今こそ鹿児島の旅 第2弾」は2021年4月22日から販売が開始されており、5月31日までの販売・利用を予定していた。しかし新型コロナウイルス感染症の「感染拡大警報」が発令されたことに伴い、5月7日(金)17時から5月23日(日)24時まで同事業の旅行商品の新規販売が停止となった。

既に販売されている旅行については、2021年5月7日(金)から5月14日(金)24時を経過措置期間とし、この間の旅行に対しては割引を行う。

経過措置期間が終了した5月15日(土)0時から5月23日(日)24時までは割引を停止する。この期間中に催行される旅行に対して割引および「今こそ鹿児島のクーポン」の配布は行われない。

割引が停止される5月15日~23日の間の旅行については経過措置期間中にキャンセルをすると、キャンセル料は無料となる。

■今こそ鹿児島の旅 第2弾とは

「今こそ鹿児島の旅 第2弾」はGo To トラベル事業が再開されるまでの間、国の支援策「地域観光事業支援」交付金を活用し、鹿児島県民の県内旅行を割引する事業。

県民向けに販売する旅行商品の内、県内での宿泊を伴うものに対して1人1泊あたり50%(5,000円上限)を割引する。さらに1人1泊あたり10,500円以上の割引旅行商品購入者に対して、県内での飲食や土産物の購入などに使える「今こそ鹿児島クーポン券」を2,000円付与するといった内容だ。

■感染拡大警報

クラスター発生が確認されている鹿児島市、霧島市、奄美市、知多町のほか、和泊町の計5市町の約1万店の飲食店に10日から23日までの2週間、営業時間短縮を要請。県民に対しては県外への不要不急の移動自粛を求めている。

合わせて読みたい
  • 【鹿児島県民割】「今こそ鹿児島の旅事業 ...

  • 大分県「新しいおおいた旅割」が停止に

  • 鹿児島県民向けプレミアム宿泊券「かごしま...

  • 「シェラトン鹿児島」2023年春に開業予...

関連記事