ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 茨城県で宿泊補助「いば旅あんしん割事業」が実施 PCR検査で陰性が条件

茨城県で宿泊補助「いば旅あんしん割事業」が実施 PCR検査で陰性が条件

投稿日 : 2021.04.23

茨城県

ホテル関連ニュース

4月22日。茨城県は新型コロナウイルスの陰性が確認された県民に対し、県内の宿泊旅行費を助成する「いば旅あんしん割事業」を実施すると発表した。

助成の対象となるのは、宿泊日の1週間以内にPCR検査もしくは抗原定量検査を受けて「陰性」が確認された県民。4月下旬から予約受付を開始し、5月10日から31日まで実施される見通しだ。

割引額は宿泊料金に応じて異なる。宿泊料金が1万円以上の場合は1万円の補助、6,000円以上1万円未満の場合は6,000円が補助される。同一の旅行商品で2泊までが割引対象。なお、検査費用は自己負担となる。

また、感染拡大市町村に指定された区域の旅行は対象外になるほか、県全体で感染状況がステージ3に達し、まん延防止等重点措置を要請する事態になれば、事業自体を中止する可能性もあるとのこと。

茨城県内では現在、水戸市、古河市、かすみがうら市、大洗町、城里町、阿見町の6市町が「感染拡大市町村」に指定され、飲食店の営業時間短縮や外出自粛の要請が始まっている。

総事業費は2億2,000万円になる見通し。県は4月の補正予算案で、同事業のため1億1,000万円を計上した。2万泊分の利用を想定しているという。

都道府県が実施する宿泊補助で、対象の条件に検査結果をいれるのは全国初の試み。

●長期滞在プランを探すなら「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」

Monthly Hotel」は、メトロエンジン株式会社とBEENOS株式会社が運営する長期滞在者向けのホテル予約サイト。都会から地方のホテルまで、2週間以上半年以内の宿泊プランをリーズナブルな価格で提供している。

茨城県内のホテルのご案内

合わせて読みたい
  • 県民向け宿泊割引が次々と停止 感染状況の...

  • 最大7,000円を補助する「高知観光トク...

  • 和歌山県で宿泊割引「わかやまリフレッシュ...

  • 宮崎県民割「ジモ・ミヤ・タビ キャンペー...

関連記事