ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテルニューオータニが30日間のテレワーク定額サービス『デイユースサブスクリプション』 を販売

ホテルニューオータニが30日間のテレワーク定額サービス『デイユースサブスクリプション』 を販売

投稿日 : 2021.01.29

ホテル関連ニュース

ホテルニューオータニが、ホテルをテレワーク利用する人向けに、30日間の定額サービス『デイユースサブスクリプション』プランの販売を開始した。

当プランでは、ホテルニューオータニ東京のワンルームを、12時間のデイユースコースで30日間のうち何度でも利用できる。三密を気にせず快適に過ごせるホテルの客室を、サテライトオフィスとして、あるいは休日の拠点として使える画期的なサブスクリプションだ。

客室は、おしゃれな和風デザインをあしらった「ザ・メイン 新江戸シングル(26㎡)」とブラウンを基調としたシックなデザインが特徴の「ザ・メイン クオリティ ダブル(26㎡)」の2種類。

ザ・メイン 新江戸シングル
出典:ホテルニューオータニ東京
ザ・メイン クオリティダブル
出典:ホテルニューオータニ東京

「デイユース サブスクリプション」の料金は「新江戸シングル」が1室39万円(税込)。「クオリティダブル」が1室30万円(税込)。初回使用時から30日間にわたり、当該ホテルの1室を8:00~20:00チェックアウトまでの時間帯で自由に利用することができる。

お試しで使ってみたい場合や、休日の使用をメインにする場合は、30日間のうち4回まで利用できる「プリペイドテレワークプラン」がおすすめだ。こちらは「新江戸シングル」が6万8,000円(税込)、「クオリティダブル」が5万6,000円(税込)となっている。

滞在中には最大1GbpsのLAN回線による高速インターネット接続を自由に利用できる。部屋の窓はワンプッシュで通気が可能なフルハイトウィンドウで、広い窓から眺めを楽しみつつ、常に新鮮な空気で仕事に集中することができる。

少し疲れたら、1万坪の広さを誇る日本庭園を散策してリフレッシュするのもおすすめだ。

上記サブスクリプションの利用期間は2021年2月1日から5月31日まで。

【ホテルニューオータニ(東京)概要】

所在地 :東京都千代田区紀尾井町4-1
アクセス:赤坂見附駅より 徒歩3分
     四ツ谷駅より 徒歩8分
     永田町駅より 徒歩3分
     麹町駅より 徒歩6分

合わせて読みたい
  • JR東日本がリッチモンドホテルと提携 テ...

  • 「パセラのコワーク」新宿のカプセルホテル...

  • 1日500円で利用可能 多摩地域のサテラ...

  • JTB、海外でのテレワーク制度「ワーケー...

関連記事