ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテル「ザ・ヤード」1棟1客室で新型コロナウイルス対策支援

ホテル「ザ・ヤード」1棟1客室で新型コロナウイルス対策支援

投稿日 : 2020.03.06

ホテル関連ニュース

コンテナ建築のリーディングカンパニーで、国内19店舗のホテルを運営する株式会社デベロップは、独自の建築ノウハウを生かして展開する1棟1客室型コンテナホテル「ザ・ヤード」シリーズ全16店舗で、新型コロナウイルスの感染拡大防止と企業活動を安全に推進するための支援策を実施する。

1棟1客室、健康シート、他者との接触によるリスクを最小化

出典:デベロップ

デベロップホテルズは、以下の施策を実施する。

1棟1客室、プライバシーが確保された、空間開放性の高い独自構造を生かす。

デベロップホテルズの「ザ・ヤード」シリーズは、コンテナモジュール1つを独立した客室として地上に並べる1棟1客室構造のホテルで、顧客は自動精算機でチェックインした後、他の施設を一切経由せず屋外から直接客室へ出入りが可能。無料WiFi利用可能な客室内には、冷凍庫付冷蔵庫、電子レンジ、空気清浄機を全室装備。1ベッドルームには電動マッサージチェアを置くなど、長期の連泊利用でも快適に滞在できるよう工夫している。

出張先にあって、人々が賑わう場所や外食を避け、客室内に滞在することが多くなる現状では、客室の快適さが精神的な安定や安心、健康面のプラスに大きく作用すると考えているという。

「ザ・ヤード」シリーズホテル各店では顧客に健康チェックシートを記入し、一部店舗を除き非接触型体温計を用意するなど健康に不安のない状態で利用できる。また各店には冷凍タイプの無料軽食を用意し、近隣のコンビニエンスストアを多くの店舗で利用できるため、他者との接触によるリスクを最小化した環境で長期間滞在することができるという。

客室の清掃には細心の注意をはらい、アルコール消毒など通常時とは異なる特別な清掃を実施し、清潔で快適な客室をすべての顧客に用意。

ビジネスでの連泊利用を特別料金で提供し、出張にやさしいサービスを提供する。

ビジネス利用客に公式予約ページから予約した場合に限り、以下の宿泊プランを提供するとのこと。

【「新型コロナウイルス対策支援・ビジネス連泊プラン」概要】

-2連泊プラン(1泊あたり4,500円税込/泊~)

-3連泊プラン(1泊あたり4,000円税込/泊~)

【合わせて読みたい】

感染症対策でも注目!ハワイでワーケーション実証実験

東京都、テレワーク環境整備を支援する助成金の募集を開始

厚労省、新型コロナウイルスで経済団体に要請

星野リゾート「ナシ婚派」に結婚式に代わる新サービス

関連記事