ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田」2019年4月19日開業

「ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田」2019年4月19日開業

投稿日 : 2019.01.10

東京都

新規ホテル情報

ホテルマネージメントジャパンは、2019年4月19日(金)、東京 蒲田に「ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田 」(158室)を開業する。東京都大田区ホテル展開状況と合わせてお送りする。

出典:HMJ

蒲田ならではの町工場を感じるホテル

ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田 のコンセプトは「蒲田ならではの町工場を感じるホテル」、町工場やそこで働くクラフトマンの『体験価値を持つホテル』。

東京23区の一つ大田区の「蒲田」という地域に根差すことを目的に、ホテルのインテリアには町工場とコラボレーションしたスタイリッシュなデザインをアクセサリーに取り入れ、朝食ブッフェでは日本独自の食文化である、かつてクラフトマンが食べたであろう「お弁当」を詰める体験ができる、ノスタルジックとモダンが融合した『町工場体感ストーリー』を演出する。

地域の発信拠点となるべく、町工場シーンの写真や工場での生産物、さらに実際に使用していた製造機械などを展示し、日本の高度技術が生まれた過程や作っているクラフトマンのこだわりに触れる。エントランスには大田区蒲田の町工場で使用していた旋盤機がディスプレイされるなど、ホテルの扉を開けた瞬間から”蒲田の町”を体感できる。 

ホテルのインテリアには町工場とコラボレーションしたスタイリッシュなデザインをサイン等に取り入れる。さらに、客室のヘッドボード・内装仕上げには針葉樹合板、ロビー天井や廊下には主に屋外に用いるエキスバンドメタルやガルバリウム鋼板、様々な材料の組み合せや、熟練した町工場の加工技術により成形した館内表示など、通常屋内仕上げで使用しない工業素材を空間構成の主要素にする。

【同ホテル 概要】

所在地:東京都大田区南蒲田1-3-15

アクセス:京浜急行線「京急蒲田」駅より徒歩3分

施設規模:地上6階、延べ床面積3,943.09㎡

客室数:158室(ダブル68室、ツイン78室、トリプル11室、ユニバーサル1室)

レストラン:エクスプレスカフェ(宿泊者限定) 朝食6:30~10:00 カフェ10:00~24:00

東京都大田区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都大田区には現在、宿泊施設が97、部屋数にして8,552が提供されている。

2018年1月初め時点では、93施設、7,385室が提供されていたことから、1年間で施設数にして4施設が増加、部屋数にして1,187室が増加したことになる。

新規開業予定は11施設、3,332部屋が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

東京23区ホテル展開状況(2019年1月現在)

「変なホテル東京 羽田」10月3日(水)開業

【ホテル開発ランキング】東京都23区新規ホテル開発数トップ10

東京23区マンション価格上昇率ランキングー東高西低に

ナインアワーズが本年7月に蒲田で開業を発表〜羽田に隣接する大田区のホテル進出状況

関連記事