ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテルニューオータニ 「東京野菜のサラダバー」

ホテルニューオータニ 「東京野菜のサラダバー」

投稿日 : 2018.12.25

東京都

ホテル内レストラン

ホテルニューオータニでは、西洋料理 ベッラ・ヴィスタにて、”美味しさだけではない、健康な食体験”を提供したいという想いを込めて、地産地消の新鮮な「東京野菜」を使用したサラダバーを提供する。

出典:ホテルニューオータニ

東京生まれの美味しい野菜がずらり

食への関心が高まる中、ホテルニューオータニでは美味しさにプラスして、安心・安全・健康な食の提供を目指し、様々なメニュー開発に取り組んでいる。その一環としてこの冬、地産地消の新鮮な「東京野菜」を使用した極上のサラダバーが、地上40階ダイニング「ベッラ・ヴィスタ」に誕生した。

東京23区及びその近郊で生産された野菜をさす「東京野菜」。手掛けているのは、一つ一つの野菜を丁寧に大切に生産する専業農家。

農薬をできる限り使わずに野菜を育て、東京という立地を活かして野菜が収穫されてからすぐに出荷されホテルに届けられるため、鮮度は抜群。そんな生産者こだわりの「東京野菜」の中から、目利きの効いた熟練のホテルシェフがさらに野菜を厳撰。美味しくて質の高い野菜を毎日顧客に届ける。

常時20種類の生野菜に加え、新鮮な野菜を使用したマリネやサラダを味わえる「東京野菜のサラダバー」。

ラム酒で漬け込んだレーズンやクルミの蜂蜜漬けをはじめとしたコンディメント(付け合わせ)も用意しているので、自分だけの味付けや組み合わせを楽しめるのもポイント。

20種類以上の野菜を28種類のドレッシングと共に

さらにドレッシングには、野菜本来の美味しさを楽しめる自家製ドレッシングをはじめ、ヴィネガーやオイル、香辛料など、その数は28種類で、様々な産地と種類の調味料やドレッシングが並ぶ。

【西洋料理「ベッラ・ヴィスタ」概要】

イタリア語で”美しい眺め”を意味する「ベッラ・ヴィスタ」。

夏の日差しを受けて緑が美しく映える街並みを一望できる開放的なダイニングは、都会の喧騒から離れたゆったりとした時間が流れている。店内の中心部に位置するステージキッチンからは、備長炭グリルのほのかに立ち上る炭火の香りや、旬の素材が焼きあがる音、シェフの華麗な調理風景など、そこはまさにライブステージさながら。

家族や友人との食事はもちろん、窓際の席で都内屈指の眺望を楽しみながら、大切な人との特別な時間を過ごすのもオススメだ。

[時間]

・ランチ 12:00~14:00(土・日・祝~14:30)
・ディナー 17:30~21:00

[料金] 
・ランチ 平日¥3,800~/ 土・日・祝 ¥5,500~
・ディナー ¥10,000~
※税金・サービス料別

【ホテルニューオータニ 概要】

所在地:東京都千代田区紀尾井町4-1

客室数:1,479

付属するレストランは同レストランの他に日本料理や中華、西洋料理、ビュッフェ、バー、カフェなど40にのぼる。日本を代表するホテルの一つだ。

【合わせて読みたい】

ニューオータニ、ウエディング会場『鳳凰の間』リニューアル

関連記事