ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「hotel azabu ten」2019年5月24日開業

「hotel azabu ten」2019年5月24日開業

投稿日 : 2019.05.24

東京都

新規ホテル情報

株式会社東京マイスターホールディングスは本日2019年5月24日(金)、東京・麻布十番に大人のためのコンパクトラグジュアリーホテル「hotel azabu ten (ホテル アザブ テン)」を開業する。

大人のためのコンパクトラグジュアリーホテルが麻布十番に誕生

出典:東京マイスターホールディングス

「hotel azabu ten (ホテル アザブ テン)」は、東京・麻布十番の地に、地上4階、地下1階、屋上には開放的なテラスを設け、全く新しいホテルカテゴリーであるコンパクトラグジュアリーホテルとして誕生する。

日本の季節の移ろいの合間にある美を表現した二十四節気。10室のコンセプトとして採用された10の節気から連想される空気感が、Cassina ixc監修の下、各部屋異なるテーマカラーと共に表現されている。

パリなど、欧州を連想させるエレガントな要素に、日本の伝統的な素材を融合させた「コスモポリタン」な感覚によるインテリアデザインが、東京にいながらどこか異国への旅を味わえる客室に仕上げた。また、各部屋1/3の面積を誇る広々としたバスルームには、洗練されたデザインと機能美を追求したバスタブを贅沢にセレクトしている。

個人邸宅をデザインするように、色染めから特注したこだわりのテキスタイルなど、非日常を満喫できる大人の遊び心にあふれたプライベートな空間で自分時間を満喫できる。

和のテイストを織り交ぜたフュージョン料理をお届けするダイニングレストラン「totanuki (トタヌキ)」、緑を感じることのできる屋上のガーデンテラスなど、プライベートルーム以外のくつろぎの空間も充実している。

現代的なホテルの機能と、日本の美しい伝統をあわせ持つ空間とサービスで、滞在してもらうゲストに、日常から解き放たれるプライベートな時間を提供する、コンパクトラグジュアリーホテル。

宿泊料金は正規料金55,000円(スーペリア/28.70平方メートル)から100,000円(リュクス/52.51平方メートル+loft)まで、都会の隠れ家に相応しい、多様な客室タイプ(スーペリア、プレミア、リュクス)を用意する。

出典:東京マイスターホールディングス

【同ホテル 概要】
所在地:東京都港区東麻布2丁目26-8
建物概要:174.73平方メートル(54.85坪)
敷地面積:104.69平方メートル
延床面積:512.79平方メートル
階数:地上4階・地下1階
客室数:10室 (28.70平方メートル~52.51平方メートル)
客室料金:55,000円~100,000円 (2名1室利用時、1名料金1泊朝食付 サービス料込、税金別)
料飲施設:1F ダイニングレストラン「totanuki」22席 (カウンター席x10・テーブル4名席x2・テラス4名席×1)

東京都港区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都港区には宿泊施設が174、部屋数にして31,555室が提供されている。新規開業予定は44施設、部屋数にして7,081室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

「三井ガーデンホテル汐留イタリア街」全館改装開業

「からくさホテルプレミア東京銀座」2019年5月1日開業

東京23区ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事