ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 星野リゾートとリサ・パートナーズ、ファンド 運用開始

星野リゾートとリサ・パートナーズ、ファンド 運用開始

投稿日 : 2020.11.03

指定なし

ホテル関連ニュース

星野リゾートとリサ・パートナーズが、2020年10月30日付で国内の宿泊施設を対象とした「星野リゾート観光活性化投資事業有限責任組合」(星野リゾート観光活性化ファンド) の組成を完了し、運用を開始した。国内の宿泊施設が対象。

星野リゾートとリサ・パートナーズは、星野リゾート観光活性化ファンドを通じて行う投資により、日本国内の優良なホテルや旅館の事業継続をサポートし、新型コロナウイルス収束後の観光、宿泊産業の早期回復に貢献することを目指す。

星野リゾート観光活性化ファンドは、三井住友ファイナンス&リース株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、大和ライフネクスト株式会社らをLP投資家として招聘し、リサのLP出資も含めて出資総額約50億円で組成を完了し。運用を開始した。

星野リゾート観光活性化ファンドでは引き続き、金融機関・事業会社等の機関投資家からの追加出資を募り、2020年度中には出資総額100億円規模のファンドとして運用していく見込み。

リサグループは、これまでも投融資からアドバイザリーなど多様なサービスを提供してきた。不動産分野においては、投資総額約2,000億円超の不動産ファンドの運営を含め、これまで累計約4,000億円の運用実績を有している。グループ内に一級建築士や不動産鑑定士などの専門人材を抱えていることもあり、運用案件の資産価値向上のため最適な不動産ソリューション機能を提供するとしている。

合わせて読みたい
  • 「星野リゾート BEB5土浦」2020年...

  • 星野リゾート 2021年に中国進出 『星...

  • Go To トラベル 10月15日までの...

  • Go To トラベル 期間延長について菅...

関連記事