ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 北海道で「どうみん割」に代わる観光支援策が開始 3月最終週にも

北海道で「どうみん割」に代わる観光支援策が開始 3月最終週にも

投稿日 : 2021.03.24

北海道

ホテル関連ニュース

3月23日。北海道の鈴木道知事は道議会予算特別委員会にて、道民限定の宿泊割引事業「どうみん割」に代わる観光支援策の実施を検討していると発表した。

「どうみん割」は、新型コロナウイルスの影響により打撃を受けた道内の観光産業を支援するため、昨年7月より北海道で実施されていた旅行割引事業。当初は2021年1月31日までを予定していたが、新型コロナの感染拡大により11月から停止となっている。

今回、鈴木知事が発表した新たな観光支援策では「全国的にも最高水準の感染防止策」を徹底することで、新しい旅のモデルとなることを目指すという。

対象となるのは道民限定で、さらに個人か同居する者との旅行のみ。また参加登録をする宿泊施設には、部屋での食事提供や同居グループのみでテーブルを囲うなどの対策を求める。そして感染防止策が徹底されていることを確かめるため、抜き打ちでの検査も行う予定だという。

また利用者に対してはマスク着用のほか、食事中や入浴中の会話を控える「黙食」「黙浴」を遵守してもらうよう、同意書の提出を求めることも検討されている。

23日の道議会で鈴木知事は「来週(3/29~)にも開始したい」と述べた。割引額は「どうみん割」と同じく1泊あたり最大1万円ほどになる見通しだ。

●長期滞在プランを探すなら「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」
Monthly Hotel」は、メトロエンジン株式会社とBEENOS株式会社が運営する長期滞在者向けのホテル予約サイト。都会から地方のホテルまで、2週間以上半年以内の宿泊プランをリーズナブルな価格で提供している。
北海道内のホテルのご案内

合わせて読みたい
  • 三重県民限定割引「みえ得トラベルクーポン...

  • 大分県民限定「#新しいおおいた旅割」を販...

  • 群馬県民限定の宿泊割引キャンペーン第2弾...

  • 石川県 県民向けの宿泊割引事業第2弾を実...

関連記事