ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテルウェルネスほうき路、9室増設・21室リニューアル

ホテルウェルネスほうき路、9室増設・21室リニューアル

投稿日 : 2019.07.09

鳥取県

ホテル関連ニュース

ホテルマネージメントインターナショナル(HMI)が運営する「ホテルウェルネスほうき路」(33室、鳥取県米子市皆生)は、客室を9室増設し、21室をリニューアルした。

増え続けるインバウンド・観光需要に対応

出典:HMI

3階建からなる同ホテルは、2階に18室(うち7室増室)・3階に15室(うち2室増室)の計33室となり、収容人数も57人から73人へ増加した。

工事内容については、和室が中心だった客室を洋室にリニューアルし、旧宴会場のスペースなどを利用したトリプルルームを5室を増室、広めの客室を分割化して4室を増設した。

今回新たに和モダンをコンセプトとした畳敷き和洋ツイン9室も用意し、ゆったり幅のベッドを配置。また、バスルームやバスタブがなかった客室にはユニットバスやコンパクトなシャワーブースを新規採用し、インバウンド需要にも対応した仕様となった。

出典:HMI

【同ホテル 概要】

所在地:鳥取県米子市皆生新田3-22-12

客室数:33室(和室2室・トリプル5室・和洋ツイン9室・ツイン13室・ダブル2室・シングル2室)
宿泊可能人数:73名

敷地面積:4,148㎡
ホテル延床面積:2,987㎡
階層:3階建

出典:HMI

鳥取県米子市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、米子市には宿泊施設が70、部屋数にして3,716室が提供されている。

同市には、「ホテルルートイン米子」が2020年8月、「グリーンリッチホテル米子駅前」が2020年春に開業を予定しており、新規開業が相次ぐ予定。

【合わせて読みたい】

HISが鳥取県とインバウンド観光推進に関する協定を締結

楽天、デジタル技術導入で鳥取県と包括連携協定

関連記事