ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ヒトビットが自己破産へ ホテル旅館向け人材派遣業 新型コロナ関連倒産

ヒトビットが自己破産へ ホテル旅館向け人材派遣業 新型コロナ関連倒産

投稿日 : 2020.11.19

神奈川県

新型コロナウイルス関連

人材派遣業の(株)ヒトビット(所在地:神奈川県藤沢市藤沢)は、10月21日までに事業を停止し、自己破産の準備に入った。

出典:ヒトビット

同社は、1969年6月創業、80年7月に法人化。ホテル、旅館、レストラン、宴会場向けに配膳人、さらに病院等の官公庁施設向けに調理人を派遣する事業を手掛けていた。

神奈川・東京の主要ホテルにおける人材サービスのパイオニアとして、登録スタッフの数は7000人を超えていたこともある。取引企業は一流企業を中心に大手・地場企業400社以上。大手ホテルチェーンなどを得意先とし、2011年6月期の年収入高は約6億4900万円を計上していた。

しかし、その後は受注減少から厳しい経営状態に陥り、19年6月期の年収入高は約3億6千万円にまで落ち込んでいた。今年に入り全国各地で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大。派遣先がホテルなど宿泊業が主だったため同社の売り上げも急減。業績低迷に伴い事業継続を断念、今回倒産の事態となった。

負債は推定2億円。担当弁護士には、木本亮弁護士(コスモス法律事務所)が任命されている。

合わせて読みたい
  • H.I.SホテルHD「リゾートホテル久米...

  • ベトナム人1名、宿泊分野において特定技能...

  • 観光庁が感染症対策で宿泊施設アドバイザー...

  • 全国初 観光業のスペシャリスト養成 「せ...

関連記事