ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 変なホテル ハウステンボスで無人コンビニが開業

変なホテル ハウステンボスで無人コンビニが開業

投稿日 : 2018.05.05

長崎県

ホテル関連ニュース

ハウステンボス株式会社は「変なホテル ハウステンボス」で、日本初の本格的な無人コンビニを5月1日からオープンした。

ハウステンボスに無人コンビニが誕生
ハウステンボス(HIS傘下)が無人コンビニを開業した。変なホテル直営の無人コンビニでその名も「スマート・コンビニ」。
キーワードは、顔登録・顔認証、画像認識、キャッシュレス化である。

開業したのは、「変なホテル ハウステンボス」内 のスマート・コンビニで通称スマコン。
広さは、10平米で、取扱商品はおにぎり、パン・サンドウィッチ、カップ麺等をはじめとした軽食となっている。
営業時間は6:00 – 26:00 を予定している。

買い物の流れは以下の通り、
1. 入口で顔登録し、登録した顔との認証を行い入店。
2. 希望の商品を棚から取り、レジにて商品の画像認識を行う。
3. 明細を確認後、顔認証を行い、購入ボタンを押す。
4. 顔認証後、外付け端末にてクレジット決済を行う。
5. 出口で顔認証を行い退店する。

技術協力として、顔認証、画像認識について日本電気株式会社(NEC)が協力しており、本協力は、NECのホテル省力化に向けたソリューション提供の一環であるという。
また、キャッシュレスシステムについては、決済サービスを提供するコイニ―株式会社が協力している。

無人スーパーはAmazonが先行
無人スーパーについては既に米小売通販サイトのAmazon(Amazon.com, Inc.)が車の自動運転で活用されているコンピュータ・ビジョンとディープラーニング、センサー技術などを活用して、無人スーパーの「Amazon Go」をシアトルに本年1月に開業しており、一歩先を行っている。

出典:ハウステンボス

 

関連記事